全身汗っかき!ただ1人それをフェロモンと感じる男がいた『あせとせっけん』

あせとせっけん
コミックDAYSで読めます。(基本無料)

汗っかきがコンプレックス見た目も地味な経理部の八重島麻子は、女子に大人気のバスメーカー、リリアドロップの社員

重度の汗っかきのため、子供の頃のあだ名は「汗子」

そんな麻子は同じ会社のイケメン名取香太郎に背後から突然匂いを嗅がれ・・・

恐怖と戸惑いを隠せず「変態だ・・・!


強引に名取に拉致された麻子は名取がリリアドロップの
石鹸を開発した会社のエースだと知ります。

会社の命運がかかっているともなれば」・・・と断れなくなってしまう麻子
あせっかきな麻子が名取のせっけんを使っている時は幸せを感じられる、とても癒される時間だから協力することに・・・

麻子の匂いを嗅ぐと「インスピレーションが湧く!」と真剣に言う名取
匂いを嗅がれることが嫌なのかがわからなくなってきた麻子
いつの間にか名取が求める「初めの匂いを出したい」と麻子は思うようになっていた

ある日、麻子は電車で匂いを嗅ぐ変態に遭遇し恐怖に襲われ・・・

突如現れた名取に助けられ・・・
引っ込み思案な麻子は、名取になら匂いを嗅がれることは嫌ではないことを頑張って伝えようとする

コンプレックスを持っている麻子は前向きになれる?!

克服のチャンス到来?!

あせとせっけん
コミックDAYSで読めます。(基本無料)