マンガ

普通な恋がしたい!!…はずなのに好きになった人はヤクザの若頭。

本作の主人公、瀬名垣 一咲(せながき いさく)は幼少期の授業参観でヤクザの家の子というのがバレ、距離を置かれた学生生活から一変、高校デビューを果たそうとする主人公と、世話係であるヤクザ組の若頭との掛け合いが面白いマンガ『お嬢と番犬くん』

読む前に抑えておきたいポイント

こんな経験、ありませんか?

『好きになった人を、いろんな理由で諦めなければいけなくなってしまった』

「お嬢と番犬くん」では主人公の一咲はヤクザである敬弥への想いを断ち切りたくて、一人葛藤する姿にすごく共感しました。

でも好きになった人のことってそう簡単に忘れられない、諦めきれないと胸が苦しくなったり、この先の展開でその想いにどう決着をつけるのか、是非ご覧になってみてください!

『お嬢と番犬くん』をアプリで読む(基本無料)

お嬢と番犬くんのあらすじ

幼少期に親を亡くし、優しい祖父の家で育った私。

1つだけ普通じゃないことがあるとしたら、

『瀬名垣組』

そう、ヤクザ一家だったのです。

高校デビューして、普通の高校生活、普通の青春、普通に友達を作って、普通に部活動にいそしみたい!

 

なにを、

している

 

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。