サスペンス・ミステリー

今読むべきパンデミックの名作【リウーを待ちながら】

リウーを待ちながら
コミックデイズで読めます。(基本無料)

テレビドラマ「インハンド」作者・朱戸アオが描く!

各所で絶賛されたパンデミック物新マスターピース

富士山麓の美しい街・S県横走市──。
駐屯している自衛隊員が吐血し昏倒
同じ症状の患者が相次いで死亡した。

平和な日常はある日突然崩れ去った

病院には患者が詰めかけ、抗生剤は不足。
病因はわからないまま事態は悪化の一途をたどる。

オーバーシュートは防げるのか?!

横走を襲った「悪魔の細菌」は、より狂暴に変質していく。
都市を封鎖して感染拡大を食い止めるしかないのだろうか。


医療サスペンスの新星が描く
アウトブレイク前夜‼

リウーを待ちながらの口コミ

★★★★★(5.0)すごいです
現在の状況と重なるところもあり、鳥肌をたてながら読んでいました。
最初はいつもの、普通の日常なんですが、そこに「異変」がやってくる。
その後は・・・今、読むべき本ですね

★★★★★(5.0)いまだからこそ
他の方も仰る通り、COVID-19と重なる部分が多いです。
作品内で描かれている状況になるのが今日明日かもしれないこと等を認識するためにも、読むべき漫画だと強く思います

★★★★★(5.0)作品のトーンが秀逸
パンデミックという、普通に扱えばパニックもの、あるいはSFチックになりがちなテーマを、淡々としたトーンで描いた名作。
死に向き合う人々の内省する姿が詩的に描かれていることに引き込まれた。
超 名作と言っていいと思う。

リウーを待ちながら
コミックデイズで読めます。(基本無料)

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。