マンガ

お金も家もなくなった令嬢が家政婦から再スタートするお話「ストーリーな女たち:赤い花白い花」


大手金融会社のご令嬢・狩安光

ある事情から知人に住み込みで働かせてもらえないかとお願いをしています。


しかし知人は光のお願いに耳も傾けず、もう連絡してくるなと冷たい態度。

どうしてこんな事態になってしまったのでしょうか・・・

遡ること1年前

光は街で行き倒れ多女性・美影を助け、落ち着くまで家に招いていました。
なんでも持っている光と何も持っていない美影。
次第に嫉妬がエスカレートしていき、光の父・喜造と結婚することで光を家から追い出してしまいました。

家を追い出され住むところがなくなり、知人に住み込みで働かせてもらえないかと相談していたのです。

赤い花白い花の口コミ

★★★★★(5.0)いい話
世間知らずなお嬢様の成長の過程がとても良かった。

★★★★★(5.0)おばあさんが・・・
意地悪だと思っていたらいってることは何も間違っていなかった。
ドラマ化希望です。

★★★★(4.0)おもしろい
主人公が不幸から幸せを掴み取っていく姿勢に勇気をもらいました。

アプリ:今ならマンガBangで読めます(無料)↓↓↓

赤い花白い花はマンガBang
ストーリーな女たちで連載!

赤い花白い花は世の中のいろんな女性たちの生きざまをお届けする
社会派<ヒューマン>コミック誌「ストーリーな女たち」に掲載。

このほかにも、女性が味わいたい社会問題を絡めた波瀾万丈感たっぷりのドラマが満載! 

行き倒れ多光を助けてくれたのは・・・

倒れた光が目を冷ますと、そこには見覚えのない老婆。

家に帰れない理由を話すと、住み込みで働かせてもらうことになり、小言を言われながらも身の回りのお手伝いをしていくことに。

光は自分にできることを探していく?

金を払う値打ちの働きをすれば給料は払う。
小言を言われて何も言い返せない光は自分に何ができるのかを考えて実行をしていきます。

この先、光はおばあさんの小言に耐え続けていけるのでしょうか?

家を取り返すことはできるのでしょうか?

美影との関係は?

続きはマンガBang「ストーリーな女たち:赤い花白い花」でお楽しみください。

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。