マンガ

特別養子縁組という選択「ストーリーな女たち:セカンド・マザー」

城田夫妻は
不妊治療の末に

 

不妊治療を8年続けた城田夫妻についに妊娠の兆候が。
長い治療の末についに!と喜びを噛み締めます。

しかし結果は・・・

夫婦の喜びもつかの間、担当医から告げられたのは妊娠していないという事実。

今後の選択を迫られ、相談をするも辛い現実を突きつけられることに・・・

子供は諦めろ。

突きつけられた現実は
彼女を追い込む。。

 

セカンド・マザー
マンガBangで読めます(無料)↓↓↓ 

自暴自棄になった妻が見つけた1つの光

精神的なショックからしばらく立ち上がれない日々が続き、それでも諦めきれなかった律子が見つけたのが里親制度、特別養子縁組でした。

セカンド・マザーの口コミ

★★★★★(5.0)考えるきっかけに
初めて里親についての漫画を読む自分にとっては、十分な内容でした。目を背けたくなるような厳しく過酷な現実を目の当たりにしました。
“まず知ることから”という一歩目になるような漫画だと思いました。

★★★★★(5.0)本当にこんな感じ?
里親の制度に詳しくないので、こんな感じなのかな?本当に?と思いながら読みました。
可哀想な子供達にホロリとしながら、親としてなんとも言えない気持ちになりながら読みました!

★★★★★(3.0)ちょっと・・・
実在するのであろうお話なので知っておくべきことなのかもしれませんが、
子持ちの身としては心が苦しくなりきついです・・・

セカンド・マザー
マンガBangで読めます(無料)↓↓↓ 

セカンド・マザーはマンガBang
ストーリーな女たちで連載!

セカンド・マザーは世の中のいろんな女性たちの生きざまをお届けする
社会派<ヒューマン>コミック誌「ストーリーな女たち」に掲載。

このほかにも、女性が味わいたい社会問題を絡めた波瀾万丈感たっぷりのドラマが満載! 

セカンド・マザー
マンガBangで読めます(無料)↓↓↓ 

特別養子縁組の厳しい現実

特別養子縁組の申請は厳重な審査があり時間がかかるもの。

すぐに子供を引き取れるわけではない。

ましてやその子供が心身ともに健康とは限らない。

相談所で律子が聞いたのは施設に預けられた子供たちのつらく厳しい現実でした。

養子を迎えるにあたり覚悟を持つようにと説明された律子。

果たして厳しい審査を通ることができるのでしょうか?

子供を迎えることはできるのでしょうか?

続きはマンガBang「ストーリーな女たち:セカンド・マザー」でお楽しみください。

セカンド・マザー
マンガBangで読めます(無料)↓↓↓ 

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。