マンガ

ヤンキーすぎる見た目で恐れられ、ぼっちに。どうにかクラスに溶け込もうと弁当を作ることにした。

私はぼっち。

ヤンキーではないです。

バットを届けただけで

ヤンキー呼ばわり

扉をつい、

強く開けてしまっただけで

人は離れてく。

ただ、さみしい。

学校でなじめなくて

良い案を探してたら…

これだ‼

明日から弁当を作ってこ。

ぼっちJKは
お弁当を作ることにした。

Palcyで読めます(基本無料)

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。