マンガ

運命の赤い糸って本当は・・・「オトナの赤い糸」

小さい頃から赤い糸が見える女性ライターあすか(28)

大人になって気づいたのはその糸が運命ではなく

肉体的な繋がりだったこと

そしてあすか本人の糸は・・・0本

糸の数=経験人数でと気づいてしまったあすかは

中々恋愛に踏み出せない

そんなときに出会った糸が1本しか伸びていない男性一堂

話をするうちに彼の一途さに惚れたあすかはついに処女を卒業する・・・?

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。