マンガ

トリガー:自らの『正義』で人を裁くことを許可された彼らに裁かれる『悪』とは?

日本の治安維持のため、犯罪を未然に防止する施策として各都道府県に1人。

自分の判断で人を裁くことが出来る人物がいる。世間では『トリガー』と呼ばれていた。

トリガーには一般市民から選ばれ、それぞれの判断で支給された拳銃(ベレッタ)を『悪』に向け引き金を引く。

トリガーの任期は1年。殺人しても処罰されず人を裁くのも、裁かないのも任命された者の自由。

トリガーは、「LINEマンガ」で毎日無料で読めます!

2,000作品以上が毎日無料!

トリガーが持つそれぞれの『正義』

本作では各地域のトリガーが描かれている。

会社員、教師、ペンションオーナー、アイドルなど拳銃を持ったことのない人々がトリガーとなる。

あなたが許せない『悪』とは?

いじめ・暴力・盗み・恐喝・性犯罪・セクハラ

犯罪とまではいかないが悪質な行為まで世の中には大小いれれば無数の『悪』がある。

このマンガを読むとき、自分が許せない悪とは?という点を考えるとより一層トリガーの世界を楽しめる。

トリガーは、「LINEマンガ」で毎日無料で読めます!

2,000作品以上が毎日無料!

トリガーの葛藤、悪人を裁く爽快感が人気

★★★★(4.3)現実にはない爽快感
勧善懲悪もの。すっとするところもあり、悲しいところもありの作品。

★★★(3.8)一気読みしました
悪人バンバン殺して回る爽快感はすごい。

★★★★(4.1)正義執行!
ストーリーは極端といえば極端だけど、勧善懲悪モノなので面白かった。

『悪』を裁く爽快なシーンもあれば

・この悪は裁くべきなのか?

と葛藤させられるケースも、読むほどに奥深さが出てくるトリガー。今ならアプリで読める(無料)ので気になったらぜひ。

トリガーは、「LINEマンガ」で毎日無料で読めます!

2,000作品以上が毎日無料!

この記事で紹介した作品

作品名:トリガー
著者・作者:武村勇治(たけむらゆうじ)板倉俊之(いたくらとしゆき)
掲載雑誌:週刊漫画サンデー
発行元:実業之日本社

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。