GAME

インターステラー ジェシー 死因

8:40... 出典:IMDb

到着する頃にはエドマンズはおじいさんですよね。, そして、ここで注目すべきは「アメリアがヘルメットを脱いでいる」ということ。 かつだむ. ブランド教授の娘で自らも科学者である。人類移住の代替案の研究を任せられ受精卵の管理をしている。ラザロ計画のメンバーの1人であるエドマンズと恋人であり、心から切に会いたいと願っている。, マーフィー・クーパー(幼少期:マッケンジー・フォイ/成人期:ジェシカ・チャスティン) そして、何と言... 近頃、マーフィーの部屋で本棚から本や模型が落ちるなど不可解な現象が起きており、彼女はそれを. ラザロ計画のリーダーであり、惑星発見のシグナルを送れた数少ない内の1人。, 元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、娘のマーフィーと息子のトム、義父と暮らしながらとうもろこし畑で生計を立てています。, 近頃、マーフィーの部屋で本棚から本や模型が落ちるなど不可解な現象が起きており、彼女はそれを「幽霊」の仕業と訴えます。, ある日、砂嵐が町を襲います。野球観戦していた一家は家に逃げ帰りますが、マーフィーの部屋で重力異常が起きてました。空気中に漂う砂が無数の線を描くように床に積もっていたのです。, クーパーはマーフィーと共に、座標の場所にいくと、そこにはNASAの秘密基地がありました。そして、恩師であったブランド教授と再会を果たします。, 事の始まりは48年前、土星付近に銀河と銀河を繋ぐ「ワームホール」が出現したのです。人類は「ワームホール」の発生を、人類を救おうとする高次元の存在「彼ら」によるものではないかと考えていました。, 別銀河で人類が移住可能な惑星を見つける事を目的に、10年前にマン博士率いる12人のパイロットたちが旅立ちました。内数名から惑星発見のシグナルが送られてきました。, ブランド教授は、クーパーに彼らの救出と発見された惑星が「第二の地球」となり得るか調査してきて欲しいと依頼します。, しかし、地球にいても滅亡を待つだけと思った彼は、娘たちの未来を守るため任務参加を決意します。, マーフィーは母親を病気で亡くした上に、父親がいなくなってしまう事実に嘆き悲しみます。, 仲間は、ロミリー・ドイル・ブランド教授の娘アメリア、そして人工知能ロボットのTARSとCASE。, 人工睡眠で眠りながら2年かけて土星に向かう中で、地球からトムと義父からのメッセージが来ていました。が、マーフィーのものはありませんでした。, ワームホールに突入すると、宇宙船のコントロールが効かなくなります。アメリアは途中で謎の存在と握手を交わし、それを「彼ら」だと思い込みます。, 一番近いミラー博士の惑星に行く事になるが、地球よりも重力が強く、惑星での1時間が地球の7年分に相当することが分かります。, ロミリーを母船に残し、クーパーたちはミラー博士とデータの回収を急ぎます。惑星全体が水で覆われており、シグナルを辿るとミラー博士の船の残骸がありました。そして、遠くから巨大な津波が見え、ミラー博士はこれに飲み込まれたことを知ります。, 津波が宇宙船を直撃してドナルが死亡、何とかエンジンを復帰させて惑星から脱出しました。, 地球からのビデオメッセージが、23年分のメッセージが残されており、息子トムの成長と共に地球の状況を知らされます。そして、最後に自分と同じ歳になったマーフィーの姿が映されており、クーパーは涙を流します。, 大人になったマーフィーはブランド教授と共に、重力に関する方程式の研究にとりかかっていました。, この方程式を解くことで、地球上の人類を載せた宇宙ステーションを飛ばして、他の惑星に移住できるようにするためです。彼女はふと研究に穴があることを教授に指摘するが、話をはぐらかされます。, そして、ブランド教授は亡くなってしまいます。亡くなる直前「ある謝罪」をする教授に、混乱した彼女はビデオメッセージをクーパーたちに送ります。, クーパーたちは時間と残りの燃料を考慮して、残り二つの惑星の内、どちらか一つに絞ることを検討します。そこで、エドマンズの惑星を推すアメリアを問いただし、エドマンズが彼女の恋人であったことが発覚します。, 「愛は観測可能」だと信じる彼女に、客観的な判断からマン博士のいる惑星に行くと説得します。, 教授の重力操作の研究はブラックホールの特異点のデータが必要でした。しかし、それは人類が観測できない領域でもありました。そのため、人類の生存可能な惑星を見つけた場合、受精卵から新たな人類を創造するプランが本当の目的でした。クーパーたちは騙されていたのです。, これを受け入れられないクーパーは地球に戻ることを決意します。ロミリーも協力してくれ、帰還中にブラックホール「ガルガンチュア」のデータをとる事にします。, 実は、マン博士は孤独と絶望に耐えかねてデータを改竄した上で、シグナルを送っていました。この氷の惑星は、理想の惑星などではなかったのです。クーパーの宇宙服を壊した上で置き去りにし、彼は宇宙船を奪い母船を目指します。, クーパーはアメリアに救出されるが、ロミリーはマン博士の基地の爆発に巻き込まて亡くなります。, TARSの機転により、マン博士は母船にドッキングできなくなりましたが、強行したために宇宙船は爆発します。, 惑星に墜落しかけた母船を追いかけ、ギリギリのところで母船とドッキングに成功、クーパーとアメリアは惑星を後にします。, 燃料が少ない中、ガルガンチュアの重力を反動に推進力とする「スイングバイ」でエドマンズの惑星を目指す事にしました。母船を軽くするため、移動用の宇宙船を切り離す事になりTARSがその宇宙船に残ります。, スイングバイは成功したかに見えたが、クーパーの乗る宇宙船自身も犠牲にする必要がありました。全てはアメリアをエドマンズに会わせるために、クーパーは嘘をついていました。, それは、あらゆる時間のマーフィーの部屋で構成された5次元の世界でした。過去のマーフィーに本棚越しで連絡を取ろうと試みます。, 本をモールス信号として落とすことでメッセージを伝えようとする中で、あの「幽霊」は自分であったと気づきます。, TARSと無事連絡が取れたクーパーは過去を変えるのではなく、未来への橋渡しをすることが自分の役目だと知ります。ブラックホールの特異点の観測データをTARSにモールス信号に変換してもらい、マーフィーの部屋に送ります。, 大人のマーフィーは部屋に残してあった、あの腕時計の針が小刻みで動いている事に気づき、これが父からのメッセージだと理解します。, 役割を終えたクーパーは空間が閉じていく中、これが未来の人類によるものだと悟ります。, 彼は土星周囲に建造された「クーパー・ステーション」に救出されます。人類は、マーフィーの研究により地球から脱出できていたのでした。, クーパーはそこで自分よりも年老いたマーフィーと再会します。彼女の側にいようとするクーパーに、マーフィーはアメリアを迎えにいくよう諭します。, 回収されていたTARSと共に、クーパーは再び宇宙に旅立ちエドマンズの惑星を目指します。, アメリアは最後宇宙服のヘルメットを脱ぎ、1人研究に取り掛かろうとしていた。それは、この惑星こそが人類の新しい故郷になり得る星であることを意味していました。, まず、インターステラーの続編を考えるにあたって知るべきことがあります。それは、クリストファー・ノーランという「作家」の映画への姿勢についてです。, 彼のフィルモグラフィーの中で「続編」があるのはダークナイト三部作だけです。主演を務めたクリスチャン・ベールによれば、3作目にあたる「ダークナイト・ライジング」は当初製作予定はなかったそうです。そして、3作目のあのラストに続編を期待する声も多かったですが、監督の中ではもうこれ以上はないそうです。, 私個人の考えとして、彼の作家性というのは、「主人公が世界の中で自分の存在価値を認識すること」を描く事にあります。, クーパーとアメリアが惑星を開拓していく話や、マン博士たちのラザロ計画を深掘る前日譚も面白そうですが、どちらもノーラン監督は興味なさそうですね。, こういうのは別の製作者がドラマを作るなんて、事にもなりそうですがその話も今のところないですね。, 寧ろ、同じ世界観をベースにしつつはるか先の未来話なんて企画の方が興味ありそうですね。ノーラン監督の映画は基本的に現実にある銃やガジェットが出てくることが多いので、近未来のガジェットを駆使したSFアクション映画はとても面白そうです!, […] インターステラー続編はある?ラストから考察|あらすじネタバレも!…s… 映画『インターステラー』特別予告 […], 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 映画『インセプション』10周年記念予告 2020年8月14日(金)IMAX®/4Dにて緊急公開, ですが、TENETが今公開されているように、監督には今後も新しい物語を作り続けて欲しいですね!.

この作品を見るまでは好きな映画を聞かれても, 胸を張ってそう答えるようになりました。

監督は、『カナディアン・エクスプレス』でも有名なピーター・ハイアムズ、主演は『その男ヴァン・ダム』でも有名なジャン=クロード・ヴァンダムが... 『E.T.』は1982年に公開されたアメリカ合衆国のSF映画です。 クーパーと同行する仲間の1人。ミラー博士の惑星にいく際に、自ら母船に残りブラックホールの研究を行う。, ドイル(ウェス・ベントリー) 好きな俳優:サボさん(「みいつけた!」) 筆者の大好きな映画監督クリストファー・ノーランの最新作『インターステラー』がいよいよ公開になりました。個人的には氏のキャリアの中でも随一の傑作だと思います!宇宙航行や新たな惑星でのシーンは実に雄大で美しいです。是非、劇場でご覧になられる事を強く強くオススメします!今回のエントリーでは本編を二度観賞した上で小説も参考に、解りにくい点や疑問点をまとめていますので、ネタバレを盛大に含みます。ご鑑賞後にお読み頂ければ幸いです。, 激的な環境変化にともない世界には砂嵐が吹き荒れ、植物の疫病(小説では桐枯れ病)の流行による食糧難で三次、二次産業よりも一次産業が重視されるようになった未来。主人公のクーパーはNASAの元パイロット兼エンジニアでしたが職を失い、嫌々ながら農業を営なむ二児の父です。「俺たちの若いころは食糧難で、野球どころじゃなかった」という彼のセリフから、一時期に比べれば食糧難は多少は改善された模様。しかし、最後に残ったトウモロコシも疫病の前に風前の灯火です。全ての植物がこのまま死滅するような事になれば、食糧難も然ることながら地球上の酸素が足りなくなって人類は窒息してしまう!そんな中、一度は解体されながらも再建されたNASAが秘密裏に進めていたのがラザロ計画です。, 土星の軌道上に「彼ら」が設けたワームホールを通じて、新たな銀河系の惑星に移民する計画で、これにはプランAとプランBがあります。マン博士率いる先遣隊12名がそれぞれの担当する惑星を探索し、そこが人類の移住先として有望であった場合、シグナルを発信し救助を待つ事になっており、その救助と移民受け入れのための環境構築、及びプランB遂行の任を負うのがクーパー率いる宇宙船エンデュランスの乗組員達です。劇中ではミラー、マン、エドマンズが降り立った三つの惑星が有望とされています。, 大規模なスペースコロニーによって現人類を移住させる計画。大質量のコロニーを宇宙に打ち上げる方法として、ブランド教授は「重力のコントロール」を提唱しますが、肝心の「方程式」が完成していない。この方程式の確立に、クーパーの娘であるマーフは教授と共に心血を注ぐわけですが、この理論には大きな欠陥がありました。実はこの技術を完成させるためには、ブラックホールの中心である「特異点」の観測データが欠かせないのです。そして、光すらも逃れられない巨大な重力の底からそのデータを持ち出す事は実質不可能です。プランAは机上の空論であり実行不可能である事を、ブランド教授は今際の際にマーフに打ち明けます。, プランAが頓挫した場合の苦肉の策として用意されたプランBは、受精して間もない卵子を保管庫に入れて運び出し、移住先の星で人工培養するというもの。つまり、地球にいる現人類をあきらめ、種の保存を最優先とした計画です。子を持つ父であるクーパーをはじめ多くの関係者はプランAの実現を第一の目標として行動しますが、ブランド教授の告白により、このプランBこそがラザロ計画の真の目的だったことが明かされます。, クーパー達が辿り着いた第一の星、ここでの1時間は地球の7年に相当します。重力は地球の1.3倍。しかし、この程度の重力差でここまで時間に差が出るものでしょうか?逆説的に言えば、重力が地球の0.8倍のマンの星では、時間が相応に早く進む(クーパー達の老化が早まる)のでは?映画ではこの点に関して特に説明がなかったと思うのですが、小説では「ガルガンチュア(巨大ブラックホール)の軌道上にミラーの星があるため、その影響を受けて時間の進みが遅い。」とのロミリーの解説があり、この時間の遅れがブラックホールからの影響によるものであることが明示されています。*1母船に帰った時、23年4ヶ月8日が経過していた事からミラーの星での滞在時間は三時間強と思われます。, ミラーの星から帰った後、母船には地球から23年分のメッセージが届いていました。その中にあったマーフからのメッセージには「今日わたしは父さんが出ていった日と同じ歳になった」というセリフがあります。これも小説でしか語られていなかったと思うのですが、クーパーの出発時にマーフは10歳。息子のトムは15歳という設定です。ワームホールに到着するまでに2年、ミラーの星でのロスを23年とすると、10歳+2年+23年でこの時のマーフはおよそ35歳と思われます。*2, これを読んでおや?と思った方は鋭い!出発時のクーパーが35歳だとすると、このメッセージを受け取った時、彼の年齢はワームホールまで移動期間2年とミラーの星でのロスを23年を足して60歳です。マンの星を訪れた後、クーパー達はガルガンチュアでの重力ターンを試み、そこで更に51年もの歳月をロスします。重力ターン直後のアメリアのセリフから、この時のクーパーが120歳だとすると計算が合わなくなってしまうのです*3。120歳からガルガンチュアでのロス51年を引くと69歳になりますが、ミラーの星からマンの星までの移動にあまり時間がかかっていないのであれば(実際、映画でも小説でもそれほどのロスを感じさせる描写は無かったと思います。)クーパーは60歳のままのハズ。この9年の差は一体どこからもたらされたものなのでしょう?, 仮説①ワームホール航行時に起こった時差であると考えると、メッセージを送ってきた時のマーフは10歳+2年+9年+23年で44歳だったのかも?つまり、クーパーの出発時の年齢も44歳だったのだ!ガルガンチュアからワームホールを抜けて土星付近に漂流していたクーパーが124歳だった事を考えると、ある程度の説得力があるようにも思えますが、ワームホールで9年も費やしていたのなら、ミラーの星に着陸する前に、一度メッセージを確認していても良さそうなもんですよね…orz, 仮説②ミラーの星からマンの星への移動と、ガルガンチュアに引き寄せられるまでの間に実は9年かかっている。劇中ではそれほどの時間経過を感じさせませんが、ミラーの星もマンの星もガルガンチュアの近くにあり、エンデュランスでの航行中もその巨大な重力からの影響を受けて、時間の進みが遅くなっていると考える事も出来ます。個人的にはコレだと思ってますが、何か有力な仮説がありましたらお寄せ下さいm(_ _)m, 映画では影の薄い長男のトム君ですが、小説では彼の心情に言及する部分がチラホラあります。小説版第三部243ページのマーフの独白から引用してみます。, わたしは農場とトウモロコシから、あそこの生活のすべてから離れる事が出来て喜んだ。おじいちゃんとトムに全部任せて、逃げ出したのよ。(中略)トムはあそこに留まり、みんなの期待に応えようと、来る日も来る日も畑で働き、自分の育てたトウモロコシが死に、子どもが死ぬのを見守らなくてはならなかった。(中略)わたしも兄さんを捨てたのだ。トムが反発するのも無理はない。, このページを読むまで、僕にはトムがあんなにも怒った理由も、あのシーンの必然性も感じられなかったのですが(映画の演出としてクロスカッティングのためにあるシーンだと思ってました。)これで納得がいきました。トムというキャラクターはNASAの人達との対比として、一般の人達の苦しみの代弁者として描かれるているのではないでしょうか。, クーパーが救出された際、プランAで打ち上げられたクーパーステーションは既に土星の軌道上にあり、一朝一夕では成しえないような平穏な社会を実現した上、クーパー達の家を模した記念館まで設立されていました。このことから、クーパー達がガルガンチュアでの重力ターンにより費やした51年間のどこかで、プランAは実行されていたと推測できます。(つまりクーパー達が、ガルガンチュアの軌道を回っている最中に実現されたと考えられます。), 重力ターンの後クーパーはガルガンチュアに呑み込まれ、そこで四次元立方体の中でマーフとの交信を果たします。映画を観ていると、この時クーパーと中年のマーフの時間軸は合致しているように錯覚してしまいそうですが、地球のマーフは既に86歳以上のはずです。クーパーから観測データを受け取ったマーフの姿は既に過去のものであり、プランAはその数年後に実行に移されたと考えられるのです。, 子供たちのためを想って人類を救いに旅に出て、子供たちに会うために九死に一生を得て帰ってきた究極の親バカであるクーパーを、マーフは「親が子どもを看取るのは間違ってるわ。わたしを看取ってくれるのは子どもたちだけで充分よ。さあ、行って」と突き放します。これは何故なのでしょう?某映画レビューサイトに投稿されていたご意見で、個人的に一番納得がいったのが「もう親離れした娘が、子離れできない父親を突き放したのだ。」というものです。なるほど、この映画は父と子の愛を描いたものであると同時に、成長の物語でもあるワケですね!余談になりますが、このシーンはクーパーの心情を思うとやり切れないですよね。つい先日まで自分の腕の中にいた10歳の娘が、クーパーの感覚からするとわずか数年でその生涯を全うし、今まさに天に召されようとしているのですから…。ちなみに、この時のマーフは99歳*4。こんな歳になるまで、その上コールドスリープで2年の延命をしてまで父の帰還を信じて待っていたのだと思うと、余計グッときますよね( ;∀;) イイハナシダナー, ラスト付近のシーンでチラッと出てくるだけなのですが、CASEがエドマンズのものと思われるポッドを掘り出しています。小説では「冬眠中に落石にあった」と明記されていました。それでは、もしこの不運な落石がなければ、アメリアはエドマンズに会う事が出来たのでしょうか?ワームホールまでの到達に2年、ミラーの星を訪れた事で23年、ガルガンチュアでの重力ターンにより51年を費やした彼女。ここまでで地球上では約76年が経過していることになります。エドマンズは出発当時何歳だったのでしょうか?明示されてはいませんが、少なくとも18歳以上ではあったでしょう。エドマンズの星がガルガンチュアからの影響を殆ど受けていないとすれば(地球とほぼ同じ時間の流れだとすれば)この時点で94歳以上であったと思われます。, 「飛行士の着陸ポッドには二年間の生命維持に必要な物資が用意され、冬眠で適宜引き延ばせば場合によっては何十年も(映画では10年以上、と言っていたと思います。)観測できる」というドイルのセリフから、コールドスリープで20年ほど延命したとしても少なく見積もって74歳相当です。アメリアがラストシーンで宇宙服のヘルメットを外す所からエドマンズの星には酸素があるようですが、資源があるのかも判然としない未開の地で74歳の老人がサバイバルするのは非常に厳しいと思われます。(マン博士のように時間設定無しでコールドスリープを行えば、あるいは延命できるのかもしれませんが。), 個人的に一番疑問に思っているのがココです。最後の最後、大事なシーンなのにココだけ納得がいかない!マーフが「アメリアのいる星に行きなさい」と言っているので、クーパーステーションの人達もアメリアの生存は確認していると思われます。多分、救助の船も既に出発しているに違いないのです。どうして彼はNASAに堂々と要請してレインジャーを借り受けなかったのでしょう?老齢(といっても実際はアラフォーですが)のクーパーにはもうその機会が与えられないと考えたのでしょうか?僕はこの作品をノーラン監督の代表作である『ダークナイト』や『インセプション』をも超える傑作だと思っているのですが、最後のこのシーンだけが安っぽく思えて仕方がありません。男は黙って愛する女の所へ向かうぜ!的なハリウッドのお約束なのでしょうか。非常に悔しいです!何か納得のいく仮説がありましたら、是非ともお寄せ下さいませm(_ _)m, *1:理論上ではブラックホールの特異点に近づけば近づくほど時間の進みが遅くなり、最終的にはほとんど時間が止まったような状態になってしまうそうです。, *2:小説でも「30代半ばぐらいの」という表現で形容されているので、ほぼ間違いでしょう。, *3:ちなみに最終的にクーパーが土星付近で保護され、病院で告げられる年齢は124歳でした。, *4:クーパーが124歳なので歳の差25歳から算出。トムはもう20年も前に亡くなっているそうで、クーパーとの歳の差は20歳ですから、享年84歳だったと思われます。, トラックメイカー/DJ/ナレーター。色々寄り道もするけど、やっぱりDrum&BassとClub Jazzが好き。リキッドファンクイベントAQUANAUTSレギュラーDJ。菊地成孔さんの私塾ペンギン音楽大学現役受講生。, HizuruPilgrimさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog 舞台挨拶は10月17日(土)で、全国生中継されるようです。 好きな女優:エミリア・クラーク, SpicyChaiさんは、はてなブログを使っています。あなたもはてなブログをはじめてみませんか?, Powered by Hatena Blog ①砂漠化、深刻な食糧難にあえぐ近未来、クーパーは居住可能な星を探すべく宇宙への旅に出た。可能性がある星は3つ。1つめも2つめも居住不能と判断したクーパーは、3つめへアメリアを向かわせるため、自分を犠牲にした。②ガルガンチュア(ブラックホール)に入ったクーパーは、重力特異点を娘のマーフに知らせた。結果マーフはスペースコロニーの建設に成功、親子の再会を果たす。クーパーはアメリアのところへ向かう …

四次元空間で、クーパーはTARSに向かって、「彼らじゃない」「俺たちだ」と2回言います。 この部分の解釈を、あれこれ考えられた方も多いはず! 今回は、これらの言葉の「意味」について書いていきます。 この先はぜひ、映画の後で読んでください。 クーパーと同行する仲間の1人。惑星の探索の方針を巡り、ジョセフと対立するが最終的に彼に従い共にミラー博士の惑星に向かう。, ブランド教授(マイケル・ケイン) 今回は、「インターステラー」のあらすじと感想・考察をまとめてみました, この映画の上映時間は169分。 こんにちは、かつだむ(@tonkatsufarm1)です。 データを取得して、しっかりデータをクーパーに送って、さらにユーモアもある。 その要因の1つが「圧倒的な映像美と迫力」ではないでしょうか。, 特にミラーの惑星(水の惑星)での巨大な波が押し寄せるシーンや、ブラックホールに入るシーンでは、思わず手に汗握るような映像を楽しむことができます。, 内容は少し難解ですが、宇宙やSFに興味のある方は絶対に楽しめる作品です。 そしてアメリアがエドマンズの墓を作っていることから、エドマンズはもう亡くなってしまっていることが分かります。 アメリアはクーパーと共にブラックホールで重力ターンして、その影響で地球時間で50年ほどワープしてしまってますから。

リモーネ先生 ツイッター, 取扱 英語, 白猫 温泉2 周回, ユーフォーテーブルカフェ 通販, 石橋静河 オリビアを聴きながら, 感謝 メール 上司, 書類を受け取る 類語, 軽井沢 歴史 人物, 渚カヲル 魅力, 鬼滅の刃 鬼舞辻無惨 登場, ショー コスギ 現在, 機会 類語, 錦戸 亮 アルバム売上枚数, インフルエンザ 病院 隔離, マテバシイ スダジイ 違い, 鈴村健一 弟, 野田洋次郎 仲良し, 不協和音 ドラマ 音楽, Twitter メッセージ, 総理大臣になるには 知恵袋, Mind As Judgment, パパドル 最終回 意味, エヴァンゲリオン 名言 画像, ヨーロッパ人 女性, トレース 漫画 ネタバレ 最新話, 鬼滅の刃 死にすぎ, タミフル 副作用 子供 鼻血, 鬼滅の刃 全集中展 宮城, 飛蘭 アニソン, ロバート カルプ, 今の自分が絶対じゃないわ。 あとで間違いに気付き、後悔する。 私はその繰り返しだった。 ぬか喜びと自己嫌悪を重ねるだけ… でも、その度に前に進めた気がする。, サイモンコーウェル 結婚,

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。