音割れ 作り方 Aviutl, かすみ草 ドライフラワー 飾り方, Ps4 ネットワーク サインイン, シェルスクリプト 引数 オプション, 65w Type-c Acアダプター Hp, 60代 化粧品 オールインワン, リモートデスクトップ 解像度 荒い, 咲くや この花中学 美術, マキタ 掃除機 寿命, 革靴 大きい インソール かかと, 影 色つける 写真, Amazon アカウント停止 メール, キッチン パーテーション 収納, 明石高等学校 美術科 偏差値, シェルスクリプト 引数 オプション, キッチン パーテーション 収納, モンベル サドルポーチ L, 赤ちゃん お世話 ボランティア, リモートデスクトップ 解像度 荒い, Python パッケージ化 Import, Line 名前変更 相手にわかる, フォートナイト Pc コントローラー 認識しない, 小麦粉 卵 砂糖 バター パウンドケーキ, A4 レポート用紙 行数, 結婚式 サプライズムービー 新婦へ, 咲くや この花中学 美術, ミシュラン 2020 中華, 手 英語 部位, チヂミ レシピ 簡単, 60代 化粧品 オールインワン, モンベル サドルポーチ L, サフ ドライイースト 金 赤 違い, パウンドケーキ 卵なし ベーキングパウダーなし, 誕生日 お弁当 ピック, "> 音割れ 作り方 Aviutl, かすみ草 ドライフラワー 飾り方, Ps4 ネットワーク サインイン, シェルスクリプト 引数 オプション, 65w Type-c Acアダプター Hp, 60代 化粧品 オールインワン, リモートデスクトップ 解像度 荒い, 咲くや この花中学 美術, マキタ 掃除機 寿命, 革靴 大きい インソール かかと, 影 色つける 写真, Amazon アカウント停止 メール, キッチン パーテーション 収納, 明石高等学校 美術科 偏差値, シェルスクリプト 引数 オプション, キッチン パーテーション 収納, モンベル サドルポーチ L, 赤ちゃん お世話 ボランティア, リモートデスクトップ 解像度 荒い, Python パッケージ化 Import, Line 名前変更 相手にわかる, フォートナイト Pc コントローラー 認識しない, 小麦粉 卵 砂糖 バター パウンドケーキ, A4 レポート用紙 行数, 結婚式 サプライズムービー 新婦へ, 咲くや この花中学 美術, ミシュラン 2020 中華, 手 英語 部位, チヂミ レシピ 簡単, 60代 化粧品 オールインワン, モンベル サドルポーチ L, サフ ドライイースト 金 赤 違い, パウンドケーキ 卵なし ベーキングパウダーなし, 誕生日 お弁当 ピック, " > インターネット 仕組み 海底ケーブル
GAME

インターネット 仕組み 海底ケーブル

第4回では、データ通信の仕組みについて紹介しましたが、そのデータ通信をベースに、今や私達の生活にとって不可欠となったインターネットが形成されるに至るまでを説明しながら、インターネットの仕組みについて紹介します。 太平洋を望む千葉県南房総市に位置する、「KDDI千倉海底線中継所」。日本と世界の通信ネットワークをつなぐ光海底ケーブルを文字通り「中継」する、とても重要な場所だ。, 2019年9月、日本と東南アジアを結ぶ光海底ケーブル「SOUTH EAST ASIA-JAPAN 2 CABLE(以下SJC2)」がこの地に陸揚げされた。陸揚げとは、海底に設置されてきたケーブルを地上に引き揚げる作業のこと。, 「SJC2」は日本とシンガポールを直接つなぎ、韓国、中国本土、台湾、香港、ベトナム、タイに分岐する、総延長約11,000kmの光海底ケーブルだ。東南アジア・東アジア間の通信需要の増加に対応し、各国のデジタル化や技術革新を促進する役割を担うことが期待されている。, 国際間の通信需要が増えるにつれて、どんどん増える光海底ケーブル。さて、そもそも光海底ケーブルとはどういうものなのか? 総延長約11,000kmもの光ケーブルをどうやって海底に敷いているのか? そして、光ケーブルを使ってどのように通信しているのか?, 本記事では、国際通信の仕組みともいえる光ケーブルにまつわる不思議を紐解いていく。いったい世界の通信ネットワークはどうやってつながっているのだろうか。, 光ケーブルとは、光ファイバーという髪の毛程度の細さの透明な線を束ね、周囲を保護したケーブルのこと。電気信号を光の信号に変換して、光ファイバーを通すことで通信する。電気信号を金属の線に通すメタルケーブルで送信するのに比べて、長い距離を伝送しても減衰が少ない特長がある。, また、1本の光ファイバーでも、光の波長(色)や位相情報などを利用して複数の信号を同時に送信できるので、より大量の情報を送ることができる。こうした技術の組み合わせにより、高速大容量の通信が可能になる。, ここで国際通信の歴史を振り返ろう。20世紀中盤、国際通信サービスが始まった頃に用いられていたのは短波無線だ。しかし、電離層による反射を利用して長距離を通信する短波無線は、通信品質が不安定だった。また、利用できる周波数に限りがあるため、国際通信の需要増加につれて帯域がひっ迫してしまう。そのため、より安定して大容量の通信ができる通信手段が必要となった。, そこで短波無線に取って代わったのが、通信衛星と海底ケーブルだ。1964年の東京オリンピック中継では、衛星中継により競技の映像が世界中に配信された。同年、KDD(KDDIの前身)やアメリカの通信会社AT&Tなどにより太平洋横断海底ケーブル「TPC-1」が開通し、1990年まで日本とアメリカ西海岸の通信をつなぎ続けた。, その後も国際通信需要は急速に増大。通信衛星は電波を使用するため、地上の通信インフラが限られる南極のような場所や、災害時などでも安定して通信できるという長所があるが、その反面、通信容量の拡大には限界がある。一方で海底ケーブルは、技術革新により大容量化を進めていくことができる。こうして海底ケーブルはメタルケーブルから光ケーブルへ進化し、さらなる大容量化が進むこととなった。, いまや国際電話やインターネットの通信だけでなく、国際間のスポーツやニュースの映像中継も光海底ケーブルにより行われている。高度36,000kmの静止軌道上にある通信衛星を利用した中継に比べ、地球の海底にある光海底ケーブルを使った中継のほうが伝送距離が短いため、タイムラグがほぼなく、高品質な映像を世界中に配信できる。, そもそも、KDDIの光海底ケーブルの中継所が千葉県南房総市にあるのは、ここが北米とユーラシア大陸諸国を結ぶ線上にあるから。日本とアメリカ、日本からアジア諸国の両方に最短距離で届く場所なのだ。, 日本から海外への通信は、国内の光ネットワークを通ってここに集まり、光海底ケーブルに乗り換えて世界に届く。そして日本国内向けの通信も世界中からここに集まり、国内の光ネットワークを通って日本中に届けられている。TwitterのつぶやきもInstagramの写真もYouTubeの動画も、みんな光海底ケーブルを通って手元のスマホに届いているのだ。, 最新の光海底ケーブル「SJC2」の最大設計容量は、1FPあたり18Tbps(テラビットパーセコンド)。家庭用の光インターネットの最大容量が1Gbps(ギガビットパーセコンド)程度なので、およそ14万倍ものデータを送受信できる。, 1本の長さが数千km以上にもなるケーブルを敷設するのは、「ケーブルシップ」と呼ばれる船だ。あらかじめ敷設する長さのケーブルを陸上でつくり、綿密なテストをしたうえで積み込む。長いケーブルの場合、積み込みだけでも1カ月以上かかるのだという。, ケーブルシップはゆっくりとケーブルを海底に降ろしながら、目的地に向かって進む。ケーブルは海底を這わせるように敷設され、陸地に近い水深の浅いところでは、ロボットを使った埋設も行われる。両端の陸揚げは、沖合に停泊したケーブルシップから、ケーブルの先端に結び付けたロープを陸地まで引っ張り、引き上げる。, こうして世界全体では、延べ120万km、およそ地球30周分もの長さの海底ケーブルが張り巡らされている。, 数千kmの長さを通信するためのケーブルには、さまざまな工夫が施されている。そのひとつが、敷設する水深によって太さを変えていることだ。, 水深が浅いところでは、潮流や波で揺らされたり、船舶や漁網に引っかかって破損するリスクがあるため、光ケーブルの外側を鋼鉄線で補強した外装ケーブルを使用する。一方で、深海では、海流の動きがほとんどないため、軽い無外装ケーブルを使用するなど、深さによって何段階か太さを変えることで、なるべく軽く、かつ丈夫なケーブルシステムを実現している。, もうひとつの工夫が、「海底中継器」による光信号の増幅だ。電気信号に比べて減衰の少ない光信号だが、さすがに数千kmの距離を一気通貫で到達するのは難しい。そのため、光海底ケーブルには数十kmごとに海底中継器が設置されている。到達するまでに弱まった光信号を再度増幅し、次の海底中継器にリレーすることで、より遠くへと到達させることができる。, こうして丁寧に敷設されている光海底ケーブルだが、故障することはないのだろうか。答えはもちろん、「ある」。しかし、光海底ケーブルは24時間体制で監視し、故障した際はほかの光海底ケーブルを迂回することで、通信が途切れない仕組みになっている。, 切れたケーブルをつなぎなおすには、まずどこで切れたかを特定しなければならないが、そんなときにも海底中継器が役立つ。どこの海底中継器まで信号が届いているかがわかれば、その先の海底中継器との間に障害箇所があることがわかるからだ。, ほかにもさまざまなテストを行い、だいたいの位置を特定したら、ケーブルシップで現地に向かい、海底作業ロボットで切断箇所を探し、船上に引き上げて接続する。接続時に少しでもずれると通信できなくなってしまうため、細心の注意を要する作業だ。さらに、ケーブルシステムによって使用するケーブルが異なっており、作業担当者には高度な知識と技術が求められる。, 故障の原因として多いのが、底引き網などの漁具にひっかかってしまうというもの。海底の岩に擦れて切れてしまうこともあるほか、大きな地震が発生したときには地滑りや海底の地形の変化により、複数のケーブルが複数の地点で同時に切断されることも珍しくない。東日本大震災のときには、20地点以上の切断箇所を4カ月以上かけて修復したという。, いまや光海底ケーブルは世界の通信の99%を担う大動脈、欠かせないインフラとなっている。そのためKDDIでは2014年4月に、大規模震災発生時でも津波の影響を受けない海抜約28mの高台エリアに「千倉第二海底線中継所」を開設。津波の被害を受けず、かつ仮に被災したとしてもネットワークの早期復旧が図れるような対策を行っている。, 国際通信や国際映像伝送など世界をつなぐ光海底ケーブルは、インフラの整備や通信を途切れさせない徹底した対策、日々の丁寧なメンテナンスによって支えられているのだ。KDDIは、これからも世界の通信網を支え続けていく。, ※掲載されたKDDIの商品・サービスに関する情報は、掲載日現在のものです。商品・サービスの料金、サービスの内容・仕様などの情報は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。, TIME&SPACEで話題のアイテムのプレゼントや記事の取材同行企画、メンバー限定イベントへのご招待などお得なサービスがいっぱい! 2019年9月、日本と東南アジアを結ぶ光海底ケーブル「sjc2」が陸揚げされた。昨今、国際通信、国際映像伝送のほとんどを光海底ケーブルが担っている。本記事では光海底ケーブルの仕組みや敷設方法、その総延長など、ネットワークを支える裏側を紹介する。 ュタグ」って何?正しい付け方は?【今さら聞けない用語解説】, みんながやってるSNSとは?毎日欠かせないほど何が楽しいの?, 1ギガバイト(GB)はメガバイト(MB)に換算すると何MB?, Android:ダウンロードしたファイルはどこ? 探す方法と保存先を変える方法, LINEで友だちを削除すると、相手にはどう見えるの? ブロックとの違いは?, 友だちのLINEアカウントを、別の友だちに教える方法, キーボードで日本語が入力できない時の対処法まとめ, iPhoneで壁紙のサイズが合わないときの解決策, 今さら聞けない。「デバイス」ってなに!?, ExcelやWordファイルの「読み取り専用」を解除する方法, 本サイトに記載されている製品名、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。また、各記事、情報に関する著作権は、その各作成者または提供者に帰属します。, 本サイトの一部の記事において、右クリックなどによるコピーができない仕様となっています。, 表記の金額は特に記載のある場合を除きすべて税抜です。. Apple Watchの新バンド「ソロループ」アンボックス, マーベルのウルトラマンのコミック『ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン』が国内での独占配信決定, GatewayノートPCレビュー:1,000ドルのゲーミングPCって実際アリなの?, 走破性はルンバを上回るが、床にうんこは置かないほうがいい:お掃除ロボ「RoboRock S6 MaxV」レビュー, 軽くてビックリな Pixel 5 と Pixel 4a! しかし心はPixel 6に向いていく……. ソフトバンクは、通信インフラを支える企業として、アジア6カ国を結ぶ海底ケーブルプロジェクト「ADC(Asia Direct Cable)」を現在進行中。プロジェクトの概要をはじめ、海底ケーブルの仕組みや意義について、プロジェクトに携わる社員たちに話を聞きました。 国際間でのデータやり取りの99%は海底ケーブルを通して行われると言われている。海底ケーブルの長さは全部で数十万キロにもり、これらのケーブルがエベレストの高さほどの深い海にも敷かれているのだ。 物理的なケーブルで大陸同士がつながれているさまはまさにコンピ Information is current as of the time of publication. 海底ケーブルは、文字通り海底に敷設した光ファイバーケーブルのこと。大陸と大陸、または島との間の海の底に、長い長い光ファイバーケーブルを引いていきます。その長さは、例えば日本とアメリカであれば、約9,000km。 Company names, service names, titles and other information are subject to change. 海底ケーブルと通信衛星はそれぞれに特長が異なるため、補完的に利用されています。 現在は、海底ケーブルも通信衛星も国際電話以外の幅広い用途で利用されるようになっています。インターネットをはじめとするデータ通信がその1つです。 #AppleEvent, きょう発表されたiPhone 12とかまとめ #AppleEvent【ライブ更新終了】. šã¾ã‚çŸ¥è­˜ã€Webサイト, 日経BP社『電話はなぜつながるのか』. インターネットやスマホの普及により、海外との通信が当たり前になった現代。ところで、そのような海外との通信がどのように行われているか、皆さんは仕組みをご存じでしょうか。, その答えのひとつが「海底ケーブル」。「衛星通信」を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、実は国際通信の99%以上が海底ケーブルを経由していると言われています。, ソフトバンクは、通信インフラを支える企業として、アジア6カ国を結ぶ海底ケーブルプロジェクト「ADC(Asia Direct Cable)」を現在進行中です。プロジェクトの概要をはじめ、海底ケーブルの仕組みや意義について、プロジェクトに携わる社員たちに話を聞きました。, インターネットやスマートフォンの普及で通信トラフィックが急激に増大する今、衛星通信と比較して通信容量や速度、帯域に優れる「海底ケーブル」の存在が重要になっています。衛星通信の場合、地上から衛星まで約3万6,000kmの距離がありますが、海底ケーブルなら日本ーアメリカ間で約1万km。単純な距離を比較しても、通信スピードに大幅なメリットがあるのです。, 海底ケーブルの通信力向上に寄与している要因の一つが、光ファイバー技術の進歩です。海底ケーブルは、中心部分に光ファイバーを何本か通し、その周囲を水圧で破損しないよう頑丈な素材で何層もカバーしています。海底を這うように敷設するケーブルは、水深約8,000mもの海溝を通ることも。そうした深海では、ときに陸上で自動車を親指で支えるほどの水圧がかかるとも言われます。, 一方、水深の浅い箇所では船の錨(いかり)が衝突したり、サメが噛んだりするようなトラブルも起こり得ます。だからこそ、何トンもの重力に耐えられ、容易に切断されない頑丈なケーブル構造が必要不可欠なのです。, ソフトバンクの新海底ケーブル「ADC」プロジェクトで採用されたケーブルの通信容量は毎秒140Tb(テラビット)以上。2000年代初めに建設されたアジアの海底ケーブルと比べても、容量は100倍ほど進化しています。光海底ケーブルの中を通る光ファイバー上で信号の送受信に使用する2芯の単位をFP(ファイバーペア)と呼びますが、「ADC」では現時点でアジア最大級のFP数と通信容量を実装する予定です。, ときに深海を通る海底ケーブルですが、ではどのように敷設するのでしょうか。これを行うのが、巨大な「敷設船」です。深海の地形図や過去の障害データを踏まえて、あらかじめ綿密なルートを策定。何千キロ分ものケーブルを船に積み込み、速度やケーブルの角度を調整しながら、決められたルートにケーブルを落としていきます。大規模な作業になるため、一度船が出ると船員たちは数カ月にもわたり船上で生活することになります。, ちなみに光ファイバー内の信号は距離とともに減衰するため、増幅させる中継器を60〜100kmほどの間隔で設置します。そうすることで、長距離でも安定して信号を届けることが可能になります。, ソフトバンクは、過去にいくつもの海底ケーブルプロジェクトに従事してきました。その内、2020年から本格始動する「ADC」と、今年運用開始予定の「JUPITER」、2つの大規模ケーブルプロジェクトに携わる社員に話を聞きました。, アジア6カ国に新たな海底ケーブルを通す「ADC(Asia Direct Cable)」 2020年から敷設へ向けて本格始動する、ソフトバンク主導の海底ケーブルプロジェクト。日本、中国、香港、フィリピン、ベトナム、タイ、シンガポールをケーブルで結ぶ。ケーブルの全長は約9,400kmで、2022年末の完成、運用開始を目指す。, 日本・アメリカ・フィリピンを結んだ海底ケーブル「JUPITER」 2017年に始動し、2020年に運用開始予定のプロジェクト。アメリカ(ロサンゼルス)から日本(千葉県、三重県)、フィリピン(ダエト)を結ぶ。全長は約1万4,000km。6社共同によるグローバル企業のコンソーシアムで建設を進め、ソフトバンクは建設グループの共同議長を務めている。ここで培ったノウハウが「ADC」にも生かされる予定。, グローバル営業本部 グローバルソリューション部 部長 石井 宏司(いしい・こうじ)さん 「ADC」「JUPITER」両プロジェクトのプランニング・全体戦略担当。20年以上にわたりさまざまな海底ケーブルプロジェクトに従事。, IP&トランスポート技術本部 国際ネットワーク技術課 課長 藤井 一男(ふじい・かずお)さん 「ADC」「JUPITER」両プロジェクトの「調達・建設グループ共同議長」として、ケーブル建設全般を管理する役割を担う。, IP&トランスポート技術本部  国際ネットワーク技術課 ネットワークエンジニア 高橋 正和(たかはし・まさかず)さん 「ADC」のプロジェクトマネージャー。コンソーシアムにおける各社との調整業務や実務部分を担当。, IP&トランスポート技術本部 国際ネットワーク技術課 ネットワークエンジニア タンギラン・エドウィンさん 「JUPITER」のプロジェクトマネージャー。コンソーシアムにおける各社との調整業務や実務部分を担当。, 今回の「ADC」プロジェクトにはアジア有数の通信事業者が各国から参画すると聞きました。これだけの大プロジェクトが生まれた背景を教えてください。, 「まず、5Gをはじめ、IoT、AI、クラウドサービスなど、国をまたいだ通信のトラフィック需要が増大しているためです。スマホの利用人口が急激に増えていると同時に、最近ではドラマや映画など大容量のコンテンツをグローバルに配信することが当たり前になっています。トラフィック量は、世界規模で毎年1.4倍ほどのペースで増加しているというデータもあります」, 「そうしたトラフィック量の増加を考えると、これまで使っていたアジアの海底ケーブルだけでは2020年以降に容量不足に陥る可能性がありました。また、海底ケーブルの寿命は一般的に25年前後と言われます。海底ケーブルや光ファイバーの技術も年々発達しているので、新たなケーブルを敷き直すことは不可欠だったのです。グローバルに通信インフラを提供する企業として、海底ケーブルの敷設はソフトバンクの使命だと捉えています」, 「企画・構想を始めたのは2015年で、正式にプロジェクトを立ち上げたのは2018年です。海底ケーブルのプロジェクトは、とても長いスパンになります。大まかには4つのフェーズがあり、まずはケーブル敷設の構想を立ち上げて、各国から参画企業を募る『企画』フェーズ。次に、参画企業が集まり敷設ルートなどを固める『プランニング』フェーズ。プロジェクトの大枠が固まったら、参画企業の間で契約書を締結します。『ADC』は今この段階ですね。ここまで来るだけでも5年ほどかかっているわけです。その後、実際にケーブルを敷く『敷設』のフェーズがあり、完成後はケーブルの保守・点検などを含めた『運用』フェーズに移ります」, 「海底ケーブルのプロジェクトは、技術やテクノロジーの進化を見越して、つねに数年先を見ながら動いていく必要があります。一度敷いたケーブルは、20年程度は使用することになるわけですから。新ケーブル建設の構想を始めた2015年は、通信容量が格段に増加する技術的に大きなブレイクスルーがあり、新しいプロジェクトを立ち上げるのに適したタイミングでもあったのです」, 「それだけ長大なプロジェクトということで、プロジェクトに携わるメンバーは、まさにファミリーのような存在です。15年近く前に別の海底ケーブルプロジェクトで協力した懐かしいメンバーと、新しいケーブルの計画で再会することもある。当時若かった人が15年後にはその世界の主力になっていたりもする。それもまた、海底ケーブルプロジェクトのおもしろいところです」, すでに陸揚げが完了している海底ケーブル「JUPITER」についても聞かせていただけますか?, 「『JUPITER』はソフトバンクが共同建設に携わった、日本・アメリカ・フィリピンをつなぐ太平洋横断光海底ケーブルです。6社共同の大型プロジェクトで、今年から本格運用がスタートする予定です。そこで培ったノウハウを存分に『ADC』プロジェクトに活かしていければと考えています。私は、『JUPITER』のプロジェクトマネージャーとして、計画の推進や契約書の作成など実務作業に携わってきました。2年以上の建設期間を経て、『JUPITER』は今年運用開始される予定です。アメリカから日本、フィリピンまで約1万4,000kmをつなぐケーブルで、これまでの通信容量から10倍ほどに進化しています」, 「『ADC』と『JUPITER』を合わせると、2つのケーブルの総延長は約2万4,000km。これは地球半周分を超える距離です。そして、これら2つの海底ケーブルの接続拠点になるのが、ソフトバンクが所有する『ソフトバンク丸山国際中継所』です。丸山国際中継所は、首都圏から近いことはもちろん、アメリカとアジアの直線上に位置するなど地理的に非常に恵まれています。『世界のMaruyama』として、国際通信のハブとなるデータセンターとして重要な役割を担っているわけです。2019年12月には新たな局舎を建設して施設を拡張し、ここで『ADC』の陸揚げを行う予定です」, 千葉県南房総市にある、ソフトバンクが所有・運営する海底ケーブルの陸揚施設。2001年に「Japan-USケーブル」を陸揚げ、以降多数の海底ケーブルが陸揚げされている。「JUPITER」と「ADC」の陸揚げにより、ますます国際通信にとって重要拠点となる。, 長期間かつ国をまたいで参画する企業も多い大規模プロジェクトということで、大変な部分はどんなところですか?, 「参画企業はそれぞれの国の通信インフラを背負っているので、当然それぞれの立場からの主張があります。ソフトバンクは、プロジェクトを統括する議長の立場として、全体の利益を考えつつ、バランスを取って意見を調整していく必要があります。そこでは当然、各国の文化や商習慣なども尊重しなければいけません」, 「海底ケーブルプロジェクトは、参画企業と交渉がまとまらず、契約直前に計画が頓挫してしまうケースがあるんです。だからこそ、そのあたりの調整が非常に重要になってきます」, 「無事に契約を締結してケーブルを敷設する段階では、自然や天候との戦いが待っています。『JUPITER』のときには、高波の影響で船の設備が損傷を受けて、修理を余儀なくされたこともありました。雨や台風で危険な状況にさらされることもありますし、常に細心の注意を払う必要があります。本当に現場の作業員の尽力なしには成し遂げられませんでした」, 「私は入社以来、さまざまなケーブルプロジェクトに携わってきましたが、そうした苦労を乗り越えてケーブルが開通した瞬間は、言葉で言い表せないような感動があります。20年くらい前に初めて携わった海底ケーブルプロジェクトの陸揚げの日には家族も現場に連れて行って、一緒に見届けましたね。海底ケーブルは、言うなれば地図に乗る仕事でもあります。プロジェクトに携わる社員にも、そのような誇りとやりがいを感じてもらえたらうれしいですね」, 「そうですね。アジア太平洋地域の通信インフラを担う要として、絶対に成功させたいプロジェクトです。新型コロナウイルスの影響で各国大変な状況ではありますが、各社力を合わせて、一丸となって進めていければと思います」, 「今、世界中で5Gの本格的な普及が始まっており、テレビ放送も4K、8Kが普及してきています。そうした背景もあって、国をまたいだ通信需要は増大しており、そしてそれを支える海底ケーブルはますます重要性を帯びてくるはずです」, 「今まで難しかったことが、新しい海底ケーブルのキャパシティーを使ってできるようになるかもしれません。海外発の高画質なコンテンツを、より手軽かつスピーディーにスマホで楽しめるようになったり、VRを使用した遠隔医療が一般的なものになったり」, 「海外との通信が飛躍的に進歩すれば、アジア、アメリカ、ヨーロッパの離れた地域と、大量のデータのやりとりが必要な研究などをもリアルタイムに連携して進めることが可能になるかもしれません。海の向こうの国や人がより近くなり、新しい働き方も増えるでしょう。私たちの暮らしはもちろん、社会全体のインフラを支える使命感を持って、必ず成功させます」, 普段、何気なく使っているスマホやインターネット。その裏側には、長い年月をかけて、多くの人が協力しながらつくり上げる海底ケーブルの存在がありました。海底ケーブルプロジェクト「ADC」はこれからも続きます。, 内容は掲載当時の情報です。記載されている会社名、サービス名、肩書などは現在と異なる場合があります。. 4モデルの違いをまとめました #AppleEvent, ちっさくてお手頃なiPhone対決。iPhone 12 mini vs iPhone SE、どっちがいいでSHOW! インターネット とは、世界中のコンピュータと情報をやり取りする、 巨大なネットワーク網 のことです。. の見返りとして、アメリカは日本のヤップ島領有権を認めた[51]。, 戦時中までもっていた海底ケーブルの所有権について、日本は戦後処理によりその大部分を失った。, 1964年TPC-1(Trans Pacific Cable, 神奈川-グアム-ハワイ)が開通し、電話回線128回線が実現された。1969年JASC(新潟-ナホトカ)の120回線が敷かれた。しばらくしてからTPC-2(1975年、沖縄-ハワイ、電話回線:845回線)に続き、ECSC(熊本-上海、1976年、電話回線:480回線)、OLUHO(沖縄-ルソン-香港、1977年、電話回線:1,200回線)、OKITAI(沖縄-台湾、1979年、電話回線:480回線)、JKC(浜田-釜山、1980年、電話回線:2,700回線)などの同軸ケーブルが敷設された[54]。そしてTPC-3(1989年、容量:560 Mbps)では、初めて光ファイバーが用いられ、NPC(1990年、容量:1 Gbps)、TPC-4(1992年、容量:1 Gbps)、TPC-5CN(Cable Network: 環状、1995年、容量:10 Gbps)が建設され、日米間の通信とともに、アジア地域と欧米との中継を含めたバックボーンとして重要な役割を担った。, 日本に接続されるその他の国際海底ケーブルには、APCN(10 Gbps, 陸揚国:韓国、香港、フィリピン、台湾、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア)や、インド洋を経由するSEA-ME-WE3(40 Gbps, 陸揚国:韓国、中国、台湾、香港、マカオ、フィリピン、タイ、ブルネイ、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インド、インドネシア、ミャンマー、オーストラリア、スリランカ、パキスタン、オマーン、アラブ首長国連邦、ジブチ、トルコ、サウジアラビア、エジプト、キプロス、ギリシャ、イタリア、モロッコ、ポルトガル、フランス、イギリス、ベルギー、ドイツ)などもある。, その後、インターネット時代を迎え、より大容量な海底ケーブルへと進化した技術には、WDM(Wavelength Division Multiplexing:光波長多重)や光ファイバーがあげられる。これらの技術によって、China-US CN(2000年、容量:80 Gbps)、Japan-US CN(2001年、容量:400 Gbps)、Unity(2010年、容量:20 Tbps)へと飛躍的な大容量化が実現された。, 欧米のネットバブルにより、従来の通信事業者主体からプライベートケーブルと呼ばれる非通信事業者系ケーブルが登場した結果、インターネット時代といえども供給過剰ともいわれる一方、国際的な更なるブロードバンド化に伴う需要の受け皿にもなっている。, 2014年8月、KDDIが中国電信、Google, シンガポール・テレコムなどと日米間海底光通信ケーブル FASTER の共同建設・投資を協定。11日、NECとの間で FASTER のシステム供給契約を発効した[55]。2016年6月に建設を完了、運用を開始した[56]。日本側地上局は千葉県南房総市と三重県志摩市に設置[56]。前者はすでにケーブル過密域である。KDDI によると、海底ケーブルは日本の国際トラフィックの99%を担っている[55]。, 村上「光海底ケーブル通信システムの現状と動向」、IEEE Journal vol.123 No.4 pp.208-211, 石崎「光海底ケーブルの最新の技術」IEEE Journal vol.123 No.4 pp.220-223, 青木「光海底ケーブルシステム用光伝送装置および関連技術」、IEEE Journal vol.123 No.4 pp.216-219, India Rubber, Gutta Percha and Telegraph Cable Company, 西村閑也 編著 『国際銀行とアジア 1870-1913』 慶應義塾大学出版会 2014年 第3章 海底電信ケーブルの敷設と国際銀行(鈴木俊夫)第4節. Antitrust: Commission fines producers of high voltage power cables € 302 million for operating a cartel, スマートグリッド関連サービスにおけるプライバシー・個人情報保護に関する調査研究報告書, http://jpn.nec.com/press/201606/20160629_02.html, History of the Atlantic Cable & Undersea Communications, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=海底ケーブル&oldid=75763098, 各線の両端は、1. 2006年の12月に台湾南部で起きた大地震は、海底の地滑りを誘発し、7本の海底ケーブルが損傷してインターネット接続に大きな影響を与えました。 で割り当てを受けた国が運用する。アメリカ・オランダはヤップ島でいかなる課税・警察を受けない。, 貴志俊彦「1970年代東アジアにおける広帯域通信ネットワークの形成ー沖縄–台湾間海底ケーブルの建設を契機として」(村上衛編『近現代中国における社会経済制度の再編』京都大学人文科学研究所附属現代中国研究センター、2016年9月、p429 - 467). インターネットとは. 現在、インターネットを利用するための固定回線には、「光回線」「adsl」「catv(ケーブルテレビ)」の3つがあります。 それぞれスピードや初期費用、使える地域などに違いがあります。 突然Twitterに投下された「おじいちゃんパンいちMTB動画」が深かった...! もっと詳しく. もともとは、冷戦時代の 1969 年に作られたアメリカ国防総省の軍事研究用ネットワークである ARPAnet (アーパネット) が起源であると言われています。 軽くてビックリな Pixel 5 と Pixel 4a! 海底ケーブル(かいていケーブル、英語: submarine cable)とは、海底に敷設または埋設された電力用または通信用の伝送路一般を指す。ここでは主に通信用ケーブルについて述べる。電力用は概要のみとなっている。 海底ケーブル(かいていケーブル、英語: submarine cable)とは、海底に敷設または埋設された電力用または通信用の伝送路一般を指す。ここでは主に通信用ケーブルについて述べる。電力用は概要のみとなっている。, 海底ケーブルは19世紀半ばから国際通信ネットワークとして重宝された。しかし民間資本であるため必ずしも細かな実態は公にならない。ケーブルを傷つけないよう必要に応じて漁協などには具体的な敷設域が通知される。現在の概略的な敷設状況はインターネット上で見ることができる[1]。いまや北極海航路までもが敷設に利用されている。, 水圧への耐圧力や耐水性、サメなどの水棲動物による噛みつきに耐える強度が得られるまで、かつて使われた銅線仕様のケーブルも、現在主流の光ファイバーケーブルも、それぞれの開発において多くの試行錯誤がなされた。しかし、膨大な敷設コストや第一次世界大戦にあったような人為切断、そして東北地方太平洋沖地震にあったような津波被害は避けられない。, 国際間の電話やファクシミリ、テレビ中継において、戦間期以降当分は無線局やインテルサットなどの静止衛星を経由する短波無線がもてはやされた。しかし海底ケーブルは無線よりエコーが少ないので、再び世界の海に張り巡らされた。, 2003年 - 2013年時点で供給シェアの半分近くをアルカテル・ルーセントが占めている。その企業系譜はシーメンスとガタパーチャまでさかのぼる。かつてAT&T のケーブル部門であった TE SubCom が2位で3割。NECが12%を生産している[2]。一方、光ファイバーケーブルへの投資は2001年がピークであった[3]。他に華為技術やタイコも主要メーカーである。, 海底電線は、便宜的に淡水下のものもふくむ。後に述べるテルコンは、ベネズエラ油田のポンプを動かすのに湖水下の送電線を用いた。テルコンの海底電線は当時からポリエチレン加工であった[4]。, それからトーマス・エジソンや AEG などがシカゴやベルリンを中心に電力系統一般を開発した。そして1928年までには、リヒテンシュタインの International Cable Development Corporation を管理会社とする国際電線カルテルができていた[5]。スイスを中心としてヨーロッパ16か国の企業がこれに参加した。やがて1950年代に高圧直流送電線を製造する技術が生まれてスーパーグリッドが敷設できるようになった。現在ではデザーテックが推進されており、福島第一原子力発電所事故の後は自然エネルギー財団がデザーテック財団と提携してアジア版スーパーグリッドを構想している。グリッド=電力系統は海底ケーブルでグローバル化する。, 2014年4月2日、欧州経済領域内(実行行為としては全世界)の高圧地下・海底ケーブル、および関連製品販売においてカルテルの摘発が公となった。参加者の筆頭であるABBグループは、内部告発を評価されて制裁金を免除された。他の参加者はことごとく制裁金を課されている。フランスの Nexans が7,067万ユーロ、イタリアの Prysmian Group が1億ユーロ超である。後者は違反行為時にゴールドマン・サックスが親会社であったため、約3,700万ユーロの連帯責任を負担している。日本企業ではビスキャスが3,500万ユーロに迫った。他に古河電気工業、フジクラ、ジェイ・パワーシステムズ、住友電気工業、日立電線、エクシム、昭和電線ホールディングス、三菱電線工業が制裁を受けた[6]。カルテルは一般に消費者保護の観点から問題とされるが、通謀自体も社会に対する脅威となる。本件はスマートグリッド事業の特に大規模な部分を焦点としている。総務省はスマートグリッドサービスにおけるプライバシーと個人情報を保護できる程度をサービスの便利さと「トレードオフの関係に」あるとした上で、事業撤退は「機会損失が大」としていた[7]。しかしカルテルの発覚は、事業者が通謀している状態で一般消費者の個人情報を共有せずにおけるのかという疑問を投げかけている。, テルコンは通信ケーブルと海底電線をともに手がけた。後述のイースタン・グループはマルコーニ社と合併してケーブル・アンド・ワイヤレスとなった。二度の世界大戦は個人の尊厳を蹂躙したが、テルコンも C&W も共に戦争で大きな仕事をした。良くも悪くもケーブルは、通信用と送電用とに関係なく、世界中の歴史と地域と個人の生活をつないでいる。, 通信ケーブルの構造や材質は時代とともに移り変わってきた。戦後しばらくは同軸ケーブルが、今では光ファイバーケーブルが、国際通信の主役として利用されている。通信線を保護するために耐水性のポリエチレンが巻かれ、また水圧や海流による擦れに対しては通信線の周囲をワイヤーを何重にも巻くことで対処している。もちろん絶縁処理も施されている。, 架空または地中ケーブル同様に、中継器と呼ばれる信号の増幅装置を設置する必要がある。中継器は電信ケーブルの時代から存在しており、イギリスのケーブルで最初に中継器が使われたのは1924年であった[8]。現代でも、同軸ケーブルでは数キロメートル単位で、同軸ケーブルより損失が小さい光ケーブルでは数十キロメートル単位で設置されている[9]。同軸ケーブル、光ケーブルともに、中継器用の電力伝送路も持つ[10]。光ファイバーケーブルの中継器は、初期のころはケーブルからの光信号を電気信号に変えてから増幅し、再び電気信号を光信号に戻して出力するという再生型中継器が一般的であったが、1980年代後半に、光信号を電気信号に変えることなく増幅する光ファイバー増幅器が開発され、1990年代から実用化されている[11]。, 2地点間を結ぶだけでなく障害発生時にも継続的に利用できるように、ケーブルの経路をリング状に構成する点など、ノード面においても他のケーブルと同一の工夫がされている。日本の周囲には、国内通信用に沿岸部や離島を接続している国内ケーブルと、外洋ケーブルが張り巡らされている。外洋ケーブルは沖縄県具志頭村、神奈川県二宮町などにある海底ケーブル陸揚(りくあげ)局で終端され、日本国内の通信伝送路に接続される。アメリカがフィリピンと結んだ初めての太平洋横断ケーブルの日米分界点は小笠原諸島の父島にあった。なおイギリスの世界一周ルートは大まかに南米/オセアニア/南シナ海であり、そのまま欧州側のテリトリーとなっていく。, 海底ケーブルの敷設と補修は、海底ケーブル敷設船という特殊船が利用される。19世紀のCSファラデー号(英)や20世紀のKDD丸(日)が世界的に知られている。敷設船が造られる前は、グレート・イースタン号(英)のように、他の目的で造られた船を改造して使用していた。敷設にあたっては、ソナーで海底の地形を調べ、GPSで船の位置を確認しながら行う[12]。そのまま敷設する型と埋設する型がある。海中は共同資源である点から埋設について厳しい制約がある[13]。沿岸部の浅海域では、埋設機により掘り起こしケーブルを敷設。地すべりや底引網、投錨による破損に備えている[14]。, ケーブルが傷ついたり切断したりしてしまった場合は、ケーブルの両端から海底ケーブル敷設船で引き上げ、船上で切れている部分をつなぎ合わせ、再び沈める作業が行われる。過去のケーブル障害の原因はキンクが一般的であったが、敷設技術の向上により減少している。鮫などの大型魚類や歯クジラなどの大型水棲哺乳類などの水棲生物がケーブルを噛む(シャークバイト)こともある。, 海底ケーブルは帝国主義、資本主義の発展に伴い世界中に敷設されてきた歴史を持つ。イギリスの君臨した19世紀、世界の電信ケーブルは実に3分の2を電信建設維持会社テルコンが製造した。残りはシーメンスや後述のガタパーチャ社[15]などが作っていた。ケーブルと関連設備の技術的知識は、テルコンとイースタン・グループによって寡占された。なお、テルコンは British Insulated Callender's Cables(BICC, 現Balfour Beatty; 英仏海峡トンネル・アクアティクス・センター・シェフィールド・スーパートラム・マニラMRT-2線・クイーン・エリザベス病院・イーストロンドン線などを建設)に吸収された。1930年代初め、BICC はナショナル・グリッドの建設に大活躍した。, 最初の実用的な海底ケーブルは1850年、イギリスのドーバーとフランスのカレーの間に開設され、翌年に開局。以降、様々な研究が重ねられ、大西洋横断ケーブルが1858年に開通した。これは2か月半しか稼働しなかったが、1865年に再稼働を果たしている。続いて1903年に太平洋横断ケーブルが商業太平洋海底電信会社(英語版)によりサンフランシスコ-マニラ間で完成した。, 1866年、利用料は最初の20語以内が基本料金20ポンド、あとは1語1ポンド。一般的な労働者年収が60から80ポンドの時代、法外なシステムであった。1890年で1語0.5ポンド。先の大西洋横断ケーブルは当初1分あたり10語前後しか送れなかったものが、1894年には50語以上伝達可能となった。商業用の定型文は語数節減のため暗号化された。また守秘のため欧州外を宛先とするものは1890年で7割も暗号化された。1895-1898年、英印間通信の9割は商用であり、その9.5割が先の方法で語数にしておよそ1/30ほどに短縮された。20世紀の初頭から戦争で無線通信が使われ始め、これと競合したケーブル通信は価格が徐々に安くなった[16]。, 地上での電信網が広がりを見せていた1840年代はじめ、海底ケーブルを用いた電信を実現させようとする動きがおこった。チャールズ・ホイートストンは1843年、テムズ川を横断する電信の実験を行った。また同じ年、サミュエル・モールスもニューヨーク湾で実験を行った。, しかし、これらの実験はどちらも失敗に終わった。電線を覆う絶縁物質の加硫ゴムが、水に長時間浸したことによって劣化したのが原因であった[17]。, 一方、ウィリアム・モンゴメリーは、シンガポール赴任中に、原住民が日用品の原料としてガタパーチャと呼ばれる樹脂を使用していることを知った。モンゴメリは1843年にガタパーチャを大量に購入し、ロンドンで行われていた会合でそのサンプルを提出したところ、ホイートストンやマイケル・ファラデーの興味を引いた。ファラデーはその後ガタパーチャの研究を行い、1843年と1848年に研究結果を公表した。ガタパーチャは高い絶縁性を持ち、水に溶けず、低温では硬度が上がるといった特徴を有していた。そしてこれは海底ケーブルに適した性質であった[18]。, こうして、イギリスではファラデーらにより、ガタパーチャを使用した海底ケーブルの実験が行われた。同じころ、ヴェルナー・ジーメンスも当時イギリスに滞在していた弟を通じてガタパーチャを入手し、アメリカ政府に実験計画を提案、政府もこれを了承した。英米両国は実際に地下にケーブルを敷設し通信を行った。これらのケーブルは始めのうちは通信障害が多かったが、改良を重ねることで実用性を高めていった[19]。, ジョン・ブレットとヤコブ・ブレットの兄弟は、ドーバー海峡にケーブルを敷設する計画を立てた。この計画は、1847年にフランス政府の許可を得て、1848年にはイギリスの許可も得ることができた。フランスの許可は1848年で期限切れとなってしまったため、1849年に再度取得した[20]。そして1850年8月28日、ドーバーとカレーを結ぶケーブルの敷設を行った。敷設は成功し、いくつかのメッセージをやり取りしたが、翌日には切断され通信できなくなっていた。切断の原因は、フランスの漁師がケーブルを新種の海藻と勘違いして切り取って持ち帰ったためと言われている[21]。, とはいえ、海底ケーブルの通信が可能だということは示せたため、ブレット兄弟はドーバー海峡への再度のケーブル敷設を計画した。前回の失敗が影響して資金集めには困難を強いられたが、技師のトーマス・クランプトンの支援を得ることができた。クランプトンはさらにケーブルの設計も行い、敷設工事にも参加するなど、このケーブルに深くかかわった[22]。, 敷設は1851年9月25日に開始され、11月13日に完了した。このケーブルは修理を繰り返しながらも1861年まで良好な状態で使用されたと記録されている[23]。こうして、ドーバー海峡横断ケーブルは、2国間を結ぶ初の海底ケーブルとして大きな成功を収めた。ブレット兄弟のケーブルは1888年まで使用された[24]。, ドーバー海峡横断ケーブルの成功によって、海底ケーブルの性能が広く知られるようになった。そのため、1850年代にはイギリス-オランダ間、ラ・スペツィア(イタリア)-コルシカ(フランス)-サルデーニャ(イタリア)、地中海、黒海など、多くの海底ケーブルが敷かれていった。, こういった流れを受けて、大西洋を結ぶケーブルも計画された。敷設には多くの失敗と約10年の時間を必要としたが、1866年にヴァレンティア島とニューファンドランド島の間で敷設工事が成功し、ヨーロッパとアメリカ大陸が海底ケーブルで結ばれた。, 大西洋横断ケーブル敷設後の1868年、イギリスはこれまでの国内すべての電信会社を国有化した。そして、それらの会社に多額の買収金が支払われた。この資金をもとに、イギリスは次々と新しいケーブルを敷設していった。ケーブル網は南アフリカのケープタウンや、ブラジルのペルナンブーコ、ウルグアイのモンテビデオまで達した[25]。, 中でも重要視されたのが、イギリスの植民地だったインドとの通信であった。イギリスとインドはすでに陸上のケーブルで結ばれていたが、このケーブルは通信状態が悪かったので、新たなケーブルを必要としていた。そして、イギリスからイベリア半島、地中海を通り、さらにスエズからアデンを経由してムンバイへと至る海底のインド洋線が開通し、1870年から通信を始めた[26]。さらに1872年には、インドからオーストラリアへのケーブルも敷設された。, インドへの海底ケーブルは、開通当時は3つの会社のケーブルを経由してつながっていたが、1872年に、その3社と他の1社を加えた4社は合併し、イースタン・テレグラフ社が誕生した。一方、インド以東のケーブルを所持していた会社も合併し、イースタン・エクステンション社が設立された[27]。この2つの企業は多数の海底ケーブルを有し、通信産業において大きな力を持った。そしてそれは、イギリスの通信面における優位性を示すものであった。イギリスは当時の自国の植民地をつなぐ大きなケーブル網を作り上げることに成功した。このケーブル網は、イギリスの植民地が地図上で赤く塗られていたことにちなみ、オール・レッド・ラインと呼ばれる。, その到達点が、太平洋横断電信ケーブルである。この事業は1878年に開始され、1902年、カナダのバンクーバーから、フィジーを経由し、そこからニュージーランドや、オーストラリアのブリスベンへとつながるケーブルが完成した。同じころ、イースタンが半分出資する会社がサンフランシスコからハワイ、ミッドウェー経由でフィリピンまでつないだ。また、ポーツマス条約締結から1週間で日本と契約し、小笠原を境にグアムと横浜を共同で接続した。, アフリカへのケーブルはジョン・ペンダーが、東アフリカ沿岸についてズールー戦争を機会とし、西アフリカ沿岸は1886年1月に、それぞれ敷設用に補助金を受け取った。後者は年額1万9,000ポンド。これを使ってペンダーはガタパーチャ社からガンビア-カーボベルデ間の敷設権を購入した。3年後、二者は通信量カルテルを結んだ。, また、イギリス政府はロシア南下政策に対抗して上海-朝鮮間のケーブル敷設に8万5,000ポンドを費やしたが、役に立たないことが分かって、1万5,000ポンドでペンダーに払い下げてしまった。, 大西洋横断電信ケーブル以後、イギリス以外の国においても海底ケーブルの敷設は行われた。特に北大西洋においては、フランス、ドイツ、アメリカによってケーブルが敷設され、その本数はイギリスのケーブルと合わせると1901年の時点で15本に達した[28]。, とはいえ、19世紀においては、海底ケーブルの主導権はイギリスにあった。ケーブルは高価であり、敷設にもケーブル敷設船など多大な投資を必要とするため、企業が新規に参入するにはハードルが高かった。さらに、ケーブルの絶縁物質であるガタパーチャの生産は、イギリスのガタパーチャ社が押さえていた[29]。1901年の時点で海底ケーブルの総距離はおよそ36万キロメートルに達していたが、以上のような理由により、イギリスはそのうちの63%を占めていた[30]。, この力を背景に、イギリスは他国の重要な電報を盗聴したり、伝達を故意に遅らせたりするなど、外交面でケーブルを利用した。たとえば、1899年のボーア戦争の時に、イギリスはフランスと南アフリカの電報をすべて検閲し、暗号化された電報は通信しないという対応をとった[31]。, 20世紀に入るころになると、こうしたイギリスの独占を崩すため、他国によるケーブル網が広まるようになった。フランスはボーア戦争でのイギリスの対応が契機となって、国策によってケーブル敷設が盛んになった。そして、インドシナ半島へと接続するためのフエ-アモイ間(1901年)、西アフリカの植民地を結ぶブレスト-ダカール間(1905年)、インドと接続するためのマダガスカル-モーリシャス間(1906年)などが敷設された[32]。, アメリカは1898年にフィリピンを植民地にしたため、太平洋へのケーブルを試みた。そして1903年に、サンフランシスコからホノルル、グアムを経由してマニラへ至るケーブルを開通させた。このケーブルは1906年には上海まで延伸し、さらに同年グアムから東京へと通じるケーブルも敷設した。, こうした諸外国の動きと、次で述べる無線通信が普及してきたことにより、イギリスの情報通信面における独占時代は終わりを迎えた。そして通信の主役は電信から電話へと移り変わることになる。, 20世紀に入り無線通信の開発が進み、長波の通信業務が大西洋などで始まった。そして1920年代には短波無線による電話通信が始まり、無線は海底ケーブルによる通信を脅かす存在になっていった[33]。, 一方、海底ケーブルは従来よりも通信速度を高めた装荷ケーブルが開発された。そして1921年、キーウェスト-ハバナ間に、初の海底電話ケーブルが敷設された[34]。さらに大西洋においても電話ケーブルを敷く計画があがったが、この案は見送られた。海底ケーブルは高価であったため、当時の無線通信で十分と判断されたのである[35]。, しかし、無線通信にも、通信が不安定だという欠点があった。そのため、やがて安定して大容量の情報が送れる通信が求められるようになった。そしてこれを満たすのが同軸ケーブルであった。, 1927年、負帰還増幅器が開発され、同軸ケーブルによる多重搬送が可能になった。その後英米両国により同軸ケーブルによる海底電話ケーブルの研究が進められた。, アメリカは1930年代からベル研究所により研究が進み、1950年、キーウェスト-ハバナ間で同軸ケーブルの試験を行った[36]。そして1956年、初の大西洋横断電話ケーブル TAT-1 がスコットランド-ニューファンドランド間に敷設、シーメンスの子会社に所有された。その後、アラスカ、プエルトリコなどにもケーブル敷設を行った[37]。, イギリスも1938年ごろから郵政庁を中心に研究が進み、1943年、アイリッシュ海にケーブルを敷設した[38]。その後改良したケーブルで、1961年にカナダとイギリスを結ぶケーブル CANTAT-1 をテレグローブ(2005年にタタ・グループが買収)が敷設した。さらに、バンクーバー-ハワイ-ニュージーランド、オーストラリアを結ぶ COMPAC と、香港-マレーシアを結ぶ SEACOM を敷設した[39]。, 以後も英米を中心に海底同軸ケーブルは世界中にはりめぐらされていった。また、通信システムも向上した。ケーブル自体の高性能化や、中継器にトランジスタを使用する(1968年)などの技術革新で、広帯域化が進んだ[40]。そして海底ケーブルは電信や電話だけでなく、ファクシミリやテレビ放送の通信も行うようになった[41]。, 一方、無線通信はこれまでの短波通信に代わるものとして、1950年代後半から衛星通信の開発が進んだ[42]。衛星通信は海底ケーブルに比べて回線容量が大きく、しかもケーブルが通っていない地域とも通信できるという利点があった。しかし、以前の短波通信と同じく通信が不安定という欠点も持っていた。そのため、両者は互いの欠点を補いながら発展していった[43]。, 1970年代から、それまでの銅を導体にしたケーブルに対して、光ファイバーによるケーブルの実用化が進められた。研究はアメリカのAT&T, イギリスのBT, フランスのCNET(現Orange)、日本のKDD(現KDDI)、電電公社(現・NTTグループのNTTワールドエンジニアリングマリン)などによって行われた[44]。, 1982年、海洋法に関する国際連合条約が採択された。この条約は、排他的経済水域、大陸棚、公海におけるケーブル敷設の自由をすべての国に原則として認めている。ただし、経済水域と大陸棚は例外規定により沿岸国は様々な制限を課すことができる[45]。1986年、イギリス-ベルギー間に初の国際光海底ケーブルが敷設された。1988年には大西洋に、1989年には太平洋にケーブルが敷かれた[46]。光ケーブルは、伝送損失が小さく大容量の情報が高速に伝送できるケーブルとして急速に普及した。, 日本最初の海底ケーブルは1871年に敷設された長崎-上海間及び長崎-ウラジオストク間のものである。現在の長崎市南山手一丁目18番地には「国際電信発祥の地」の碑があるが、かつてここにあったホテルベルビューの一室を借りていた大北電信会社によって同年8月12日、一般公衆電報の取り扱いが始まった。これは日本における国際電報事業が開始された日であり、翌年開通した欧亜陸上電信線と接続された。その後1883年に呼子-釜山間の海底電信線も敷設された。, 一方、国内通信では、1873年にお雇い外国人指導の下で関門海峡に敷設したのが始まりである。1896年には、日清戦争で獲得した台湾への電信線敷設のため、日本最初の本格的海底ケーブル敷設船となる沖縄丸を導入。国産船では小笠原丸が、1906年に後述の太平洋横断ケーブル工事を目的として建造されている。, 1906年8月1日に、日米間太平洋横断国際海底ケーブルが開通した。これは、日本が東京から敷設したケーブルと、米国がサンフランシスコ-マニラ線のグアムから分岐して敷設したケーブルを父島で接続したもので、当初のルートは東京-小笠原(父島)-グアム-ミッドウェー-ホノルル-サンフランシスコであったが、1931年5月に東京側の陸揚地が鎌倉に変更された。, 1914年8月末、同盟国のイギリスが芝罘・青島・上海に接続しているドイツ帝国の海底ケーブルを切断した[47]。11月、青島の戦いが終結。このあと切断したケーブルの利権について日英間で交渉が行われた。1916年3月、切断したケーブルを日本が付け替え工事。青島-上海間は佐世保-上海間に、上海-ヤップ島間は沖縄沖で切られて那覇-ヤップ間に利用された。竣工は5月であった[48][49]。, 1919年、戦勝国がヨーロッパとアジアで切断し各国が実効支配しているドイツ帝国のケーブルは、パリ講和会議でその処遇が中心議題の一つとなった。3月の十人委員会席上でロバート・ランシングとウッドロウ・ウィルソンが、ドイツへ返還するか、または戦勝国が共同管理するという措置を提案した。しかし、決着はつかなかった[50]。, 1920年、ワシントン会議 (1922年) の予備会が1920年10月10日から12月14日の間にワシントンで開かれた。ケーブルをめぐる交渉には特別分会が設けられ、議長はジョン・W・デイビスが務めた。各国の代表として日本の幣原喜重郎、イギリスのブラウン、フランスのラネル、イタリアのブランビルが参加した。十数次にわたる会合を経て、議論は本会に持ち越された[51][52]。, 1922年2月11日、2. 2006年の12月に台湾南部で起きた大地震は、海底の地滑りを誘発し、7本の海底ケーブルが損傷してインターネット接続に大きな影響を与えました。 iOS 14にアップデートしたらバッテリーすぐ減る問題、Appleの対応策は「バックアップしてiPhone全消去リセットからの復元」, これ、時計バンド革命だ...! しかし心はPixel 6に向いていく...... プライムデーにAmazonのファッションアイテム見まくったら、カオスすぎてマヒしてきた。, で、結局どの「iPhone 12」を選べばいい? インターネットは世界とつながっていますが実は海底ケーブルで結ばれています。地球上で日本と世界各国がどのように結ばれているか地図で確認。衛星通信との違いは?初めての海底ケーブルは? 日本電信電話公社海底線敷設事務所編 『海底線百年の歩み』 電気通信協会 1971年 p.200. 私たちのネット生活を支えてくれるもの。スマートフォン?Wi-Fiルーター? …いえいえ、海底ケーブルです。, この記事は、ニューヨーク大学のメディア・カルチャー・コミュニケーション学部のNicole Starosielski准教授の著書「The Undersea Network」からの抜粋です。いつもはあまり気にしない海底ケーブルにもさまざまな問題があるようです。さあ、インターネットを支える影の主役にまつわる話を見ていきましょう。, 現在、これまでにない新しい海底ケーブルが敷設中です。この「アークティックケーブル」の長さは1万マイル(約1.6万km)にもおよび、イギリスから北極海を経てカナダ、日本をつなぐもので、ロンドンと東京を結ぶ最速ルートになることでしょう。このケーブルによって、氷に覆われたカナダの海岸から、これまで衛星通信に頼っていた小さな集落にもインターネットアクセスが提供される予定です。地球温暖化により北極の氷が溶け出したため周辺に巨大な船が入れるようになり、ケーブルを設置することができるようになったのです。, 技術的、経済的な観点から見ると、このケーブルはあまり効果的ではありません。北米では地上に無数のネットワークが敷きつめられているのに、なぜあえて、そんな過酷な自然環境の場所にケーブルを通そうと思ったのでしょう? なぜ6億4000万ドルもかけて、大して使われないであろう北極圏の集落を大容量のケーブルで結ぼうとしているのでしょう? ロンドンと東京を結ぶこのケーブルを誰が使うのでしょう? これらの質問は最近断念された「SPIN」という南太平洋の島々をつなぐプロジェクトでも挙げられていたものです。, アークティックケーブルが必要な理由をひとつ挙げてみましょう。新しいケーブルはルートに冗長性を提供します。行先までのルートが複数になれば予備ができ、地理的に異なる経路は全体的なトラフィックの流れをこれまでより信頼度の高いものにするでしょう。完成すれば、人や環境、その他の干渉するものからデータの流れが守られます。, ケーブルは、ルソン海峡、南シナ海、西太平洋の地震の恐れがあるエリアなど、ヨーロッパとアジアの難所ともいえる場所を通りません。さらに、社会的、政治的に不安のあるスエズ運河や地中海も通りませんし、船がケーブルの上にイカリを下ろすような場所も避けています。さらに言うと、このケーブルはアメリカを経由せず、ヨーロッパとアジア、中東を直接結ぶので、NSAの監視からも逃れられるでしょう。, 迂回路を作ることは通信事業者にとって重要なことです。数少ない独占企業が海底ケーブルネットワークを支配していたころは特にそうでした。通信業界はいまだに保守的なところが多いです。実証済みのものにこだわるし、すでにある回線を使おうとします。99%の海をまたいだインターネットトラフィックが海底ケーブルによって運ばれるにも関わらず、ほとんどのシステムは一部の地域に集中しています。, オーストラリアでは、ほとんどのトラフィックがシドニーかパースから出ていきます。これがアメリカ東海岸だと、マイアミとニューヨークにトラフィックが集中しています。, 少し前に実際にケーブルが故障して、ネットワークがいかに安定しないものかということがわかるまで、ルートの冗長性の問題は差し迫ったものではありませんでした。2006年の12月に台湾南部で起きた大地震は、海底の地滑りを誘発し、7本の海底ケーブルが損傷してインターネット接続に大きな影響を与えました。2008年には、アジアとヨーロッパのトラフィックのボトルネックとなるエジプトのアレキサンドリア北部で、ケーブル切断が起こりました。, 翌年の国際会議では、ネットワークインフラの信頼性について話し合いが持たれました。会議の参加者は、個別の各システムの信頼性が高くても、世界的に大陸間の相互接続が基本的な信頼性の設計原則を守っていないと結論づけました。さらに参加者は、「地理的・政治的な難所」を通っているケーブルについて不安を挙げ、それらの場所での災害は世界的に大きな接続問題となる可能性を指摘しました。, ケーブルの故障や国際会議、増え続ける海底ケーブルへの需要が、アークティックケーブル建設のような、いくつもの革新的な大洋横断ケーブルプロジェクトを生み出しました。しかし、信頼性の高いネットワークを作り出すことはなかなか簡単には解決できない課題です。, 例えば、パシフィックケーブルの場合を見てみましょう。当初、このプロジェクトはニュージーランドのオークランドからオーストラリアのシドニー経由でロサンゼルスを結ぶ計画でしたが、2010年に見合わされてしまいました。, アークティックファイバーのように、このケーブルの必要性は冗長化だとされていました。2001年よりニュージーランドと他の国を結ぶのは、サウザンクロスケーブルネットワークだけでした。ニュージーランド全体が、このケーブルと1社の決定に依存していたわけです。パシフィックケーブルとその支持者たちは、ニュージーランドは冗長性と情報のセキュリティー確保のために、もう1本違うリンクが必要だと主張しました。サウザンクロスケーブルネットワークが切断されたら、ほとんどのインターネットコンテンツが海外にあるため、ニュージーランドは何もできなくなってしまうと訴えたのです。金融の処理や電子メール、踊るキーウィの動画を見ることも、全部できなくなってしまう…と。, この構想自体はすばらしいものですが、経済的にケーブルを敷くことはほとんど不可能でした。ほとんどの場所で、新しいケーブルをこれまでの引き上げ地点まで伸ばすよりもお金がかかり、難しくなることがわかったのです。, ある起業家は、こんな話をしてくれました。オーストラリア政府がケーブルをこれまでのシドニーではなくメルボルンに引きたいと言ったときのことです。「お金さえ払ってもらえれば、私がやります…と答えたら、それから連絡がありませんでした」, 課題は技術的なものではなく、経済的なものでした。利益が出るようにシステムを作らなければいけません。そのために、低遅延のケーブルが計画されました。アークティックファイバーのように、遅延の少ない直接つながるルートを提供するというわけです。マイクロ秒単位の遅延でも、グローバルな株式市場で超高速取引を行う企業にとっては大きな違いになります。数ミリ秒が、1ヶ月に2,000万ドルの差を生むという世界です。パシフィックファイバーがロサンゼルスに接続されれば、ニュージーランドとアメリカを結ぶもっとも高速な回線になり、ニュージーランドは技術開発の拠点となるのではと考えられました。, 低遅延ケーブル、高速ルートという売り文句にも関わらず、ケーブルはシドニー、オークランド、そしてロサンゼルスを接続することになりました。メルボルンやサンディエゴではなく。資金が必要だということは、物理的に分けられたネットワークを作る構想と正面からぶつかるものだったのです。, パシフィックファイバーは、現在アークティックファイバーが直面している苦境にも陥りました。新しい場所へネットワークを作ることは、業界からリスクが高いと受け止められたのです。新しい場所には失敗がつきもの…そんな考えが、投資や実証を思いとどまらせるものとなりました。これまでに作られたルートはより安全で、よりお金を集めやすいものと受け止められていました。そうなると、データの送受信を安定させるためのルートの冗長化に価値が見出せなくなってしまったのです。, 結局、パシフィックファイバーはネットワークを作るための数億ドルの資金が集められなかったと発表しました。業界のほとんどの人がニュージーランドにはもう1本の回線が必要だと思っていたにも関わらず(実はパシフィックファイバーのライバルたちも、ケーブル建設が成功することを望んでいました)、冗長性は投資家や政府、そしてその他のお金を出してくれるであろう人たちを納得させるには十分ではなかったのです。テレコムニュージーランドのAnthony Briscoe氏はこの問題は国際的な課題だと言います。「インターネットと言った瞬間、みんなそれは無料だと思います。誰かがインフラに投資しなければいけないのに」, アークティックファイバーのようなプロジェクトは難しい問題です。国際的なネットワークはとてももろいものです。トラフィックは回線の容量が足りない難所を通り、ほんのわずかな会社が力を持っている状況です。もし本当に信頼できるネットワークがほしいのなら、冗長性が必要です。一方で、冗長性とはリスクの高いプロジェクトに投資をすることであり、不安定な環境に新しい経路を作ることを意味するのです。. インターネットは世界とつながっていますが実は海底ケーブルで結ばれています。地球上で日本と世界各国がどのように結ばれているか地図で確認。衛星通信との違いは?初めての海底ケーブルは? Copyright © mediagene Inc. All Rights Reserved. COPYRIGHT © KDDI CORPORATION, ALL RIGHTS RESERVED. 総距離 約9,400km! アジアと日本の5Gサービスの生命線、海底ケーブルプロジェクト「ADC」に迫る, アジア太平洋地域を結ぶ約9,400kmの光海底ケーブル「ADC」の建設保守協定を締結(プレスリリース), 雲上の基地局「HAPS」。無人航空機の成層圏テスト飛行とスマホ同士の通信に世界で初めて成功, 家電が進化すれば、節電方法も変わる。家電女優・奈津子さんに教わるスマート節電テクニック, あなたはどっち派? キャンプとグランピングの魅力がGoogle Pixel でもっと広がる。e-Begin × ソフトバンクニュース特別対談. 第4回では、データ通信の仕組みについて紹介しましたが、そのデータ通信をベースに、今や私達の生活にとって不可欠となったインターネットが形成されるに至るまでを説明しながら、インターネットの仕組みについて紹介します。 「SJC2」をはじめ、KDDIが取り組んでいる光海底ケーブルのネットワークは世界各地へとつながっている, 日本中に感動を届けたい……! スポーツイベントの国際中継を「海底から支える」通信のチカラ. インターネットの仕組みを理解するためには、ipアドレスやルーティングの仕組みを理解する必要があります。この記事では通信インフラの仕組みを図解しています。

音割れ 作り方 Aviutl, かすみ草 ドライフラワー 飾り方, Ps4 ネットワーク サインイン, シェルスクリプト 引数 オプション, 65w Type-c Acアダプター Hp, 60代 化粧品 オールインワン, リモートデスクトップ 解像度 荒い, 咲くや この花中学 美術, マキタ 掃除機 寿命, 革靴 大きい インソール かかと, 影 色つける 写真, Amazon アカウント停止 メール, キッチン パーテーション 収納, 明石高等学校 美術科 偏差値, シェルスクリプト 引数 オプション, キッチン パーテーション 収納, モンベル サドルポーチ L, 赤ちゃん お世話 ボランティア, リモートデスクトップ 解像度 荒い, Python パッケージ化 Import, Line 名前変更 相手にわかる, フォートナイト Pc コントローラー 認識しない, 小麦粉 卵 砂糖 バター パウンドケーキ, A4 レポート用紙 行数, 結婚式 サプライズムービー 新婦へ, 咲くや この花中学 美術, ミシュラン 2020 中華, 手 英語 部位, チヂミ レシピ 簡単, 60代 化粧品 オールインワン, モンベル サドルポーチ L, サフ ドライイースト 金 赤 違い, パウンドケーキ 卵なし ベーキングパウダーなし, 誕生日 お弁当 ピック,

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。