GAME

北海道 指定外来種

‚ׂ«ŠO—ˆA•¨‚Æ‚µ‚Ä‚ ‚°‚ç‚ê‚Ä‚¢‚éB, –kŠC“¹“o•ÊŽs‚̃LƒEƒVƒgŽ¼’n‚́Aƒƒ‰ƒ~ƒYƒSƒPAƒcƒ‹ƒRƒPƒ‚ƒ‚Aƒ‚ƒEƒZƒ“ƒSƒP‚È‚Ç‚Ì‹Md‚ÈŽ¼Œ´A¶‚ª‚Ý‚ç‚êA“ú–{‚̏d—vŽ¼’n500‚É‘I’肳‚ê‚Ä‚¢‚éB1997”N‚ÉŠm”F‚³‚ꂽƒIƒIƒnƒ“ƒSƒ“ƒ\ƒE‚̐¨—Í‚ªL‚ª‚èÝ—ˆŽí‚É‚Æ‚Á‚Đ[‚ȏ󋵂ł ‚邽‚߁A‹ìœ‚ªs‚í‚ê‚Ä‚¢‚éB, Š¦—â’n‚ɐ¶ˆç‚Å‚«A‘åáŽR‘—§Œö‰€‚ÌŽü•Ó•”‚É‚àN“ü‚µ‚Ä‚¢‚éB. 日本の侵略的外来種ワースト100(にほんのしんりゃくてきがいらいしゅワースト100 ... 特定外来生物指定は見送られ、要注意生物に指定。そのためペット用輸入は継続している。 両生類. 特定外来生物は、海 外由来の外来種のうち、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものとして、外来生物法により指定された外来種です。 平成28年10月1日現在、132種類(2科15属108種7交雑種)の動植物が指定されています。 北海道登別市のキウシト湿地は、ワラミズゴケ、ツルコケモモ、モウセンゴケなどの貴重な湿原植生がみられ、日本の重要湿地500に選定されている。1997年に確認されたオオハンゴンソウの勢力が広がり在来種にとって深刻な状況であるため、駆除が行われている。 日本の侵略的外来種ワースト100(にほんのしんりゃくてきがいらいしゅワースト100)とは日本生態学会が定めた、日本の外来種の中でも特に生態系や人間活動への影響が大きい生物のリストである[1]。, 日本生態学会は、2003年に創立50周年を迎えるにあたり、「外来種ハンドブック」を記念出版することにした。その付録資料として選定されたのが本稿に掲げた「日本の侵略的外来種ワースト100」である。「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」成立の前年にあたり、外来種対策に関する法体系が整えられていなかったことから、学会が提唱する生物多様性の保全を実現するにあたって、有効な外来種対策を実施するために優先的に取り扱うべき「侵略的外来種」への社会的関心を喚起することを目的とした。監修者はこのワースト100を「仮のリスト」として提示しており、今後は影響の大きさを科学的に評価・考察し、100種の枠に捉われず、特に対策を優先すべきものを決定することを望んでいる。, 選定法は、ハンドブックの編集委員が、担当分類群の中から特に影響が大きいと考えられる掲載種から候補を挙げた(哺乳類・池田透、鳥類・石田健と江口和洋、爬虫類と両生類・太田英利、陸水域魚類・中井克樹、海産汽水産生物と非海産無脊椎動物・岩崎敬二、昆虫類・桐谷圭治、植物・角野康郎、寄生生物・五箇公一、島嶼生物・冨山清升)。候補は国内で影響が認められている種に限らず、海外で影響が知られている種、大きな影響が予測できる種を含め、「必ず選定すべきもの」と「選定することが望ましいもの」の二段階に分けていた。候補の合計は120種ほどになった。この候補から監修者(村上興正・鷲谷いづみ)の判断のもと、仮ワースト100を選定したという。, 10種選定された。ネコ目が半数の5種を占め、ウシ目2種が続く。サル目・ネズミ目・ウサギ目各1種。, なお、選定当時は日本に移入されたフイリマングースはジャワマングースの亜種と見なされていたが、のちに別種と判明している。本項では選定当時のジャワマングース名義で述べる。, 22種が選定された。チョウ目2種・甲虫目6種・ハチ目2種・ゴキブリ目2種・ハエ目4種・カメムシ目4種・アザミウマ目2種。, 小笠原諸島のイエシロアリは米進駐軍の資材の梱包に入っていた個体が拡散したものとされている。, 5種選定。ザリガニ2種・カニ1種・クモ1種・ダニ2種のうち草食ダニのトマトサビダニを取り上げ、肉食ダニのミツバチヘギイタダニは「寄生生物」の項目に計上される。, 環形動物多毛類(ゴカイ類)ケヤリムシ目カンザシゴカイ科のカサネカンザシ1種が選定された。, 26種選定、すべて被子植物である。木本3種・草本23種(水中草本3種・浮遊草本2種を含む)。キク科が最多の11種で、イネ科3種・マメ科2種が続く。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=日本の侵略的外来種ワースト100&oldid=79005907, 1976年に沖縄本島で確認されたが、先島原産種ではなく台湾原産種といわれ、流入ルートは判明していない。1990年代に, 大型カメで、全長は50cmを超える。1960年代以降にペットとして流入し、投棄・逸出したと考えられ、印旛沼に定着、繁殖しているほか、北海道以外は目撃例, ナミヘビ科大型無毒ヘビのスジオナメラのうち、台湾原産の亜種を指す。国内には先島に固有亜種のサキシマスジオが土着している。1970年代に皮採取・, 中型カメで、全長は30cmを超える。幼体は「ミドリガメ」の商品名で1950年代から売買されており、ペットとしての知名度は高い。投棄・逸出も大量で、1960年代以降、本土はもとよりほとんどの有人島で目撃されている, オオクチバスとともに通称「ブラックバス」と呼ばれる。1925年に芦ノ湖に放流されたが絶滅した。1992年に, 草食性で大量の水草を食べるため、内水面の除草を目的に1878年より導入した。定着している, 北海道定着種は明治・大正期にアメリカからニジマスを移入していた頃に混入したと考えられているが、1980年に, 終戦直後の1945年に初めて発見されたことから、進駐軍の貨物に紛れて侵入したと考えられる。1970年代までに、, 国内への侵入経路は不明。戦前に南西諸島から北上し、鹿児島県本土まで到達しているほか、1914年に小笠原、1995年には, 侵入時期・経路は不明。温暖な関東以南の太平洋側・四国・九州・小笠原・南西諸島に定着している。木造建造物や樹木を食害する。湿った木材を好むが、乾燥材や新材にも湿った土や水滴を運搬して湿らせるため、食害は家屋の屋根にまで達する。木製家具や書籍などの紙製品まで食害する。巣から100mほどの範囲で活動するため、巣の発見は難しい。, 1976年にカリフォルニアから輸入した干草に混入していたと考えられる。本土および沖縄に定着している。単為生殖が可能で、侵入種はメスの単為生殖。, 1947年に沖縄で発見された。米軍貨物への混入や引揚者の持ち込み種芋が原因と考えられる。本土には流入せず、沖縄に定着している。アリモドキゾウムシとともに, 侵入経路は不明だが、1994年に長野県で採集され、1997年に同定された。耐熱性に乏しく、原産地の冷涼な高原と地理的条件が酷似した, ワースト100では唯一の根絶制圧に成功した生物で、再発防止のため指定された。1919年に沖縄への侵入が確認された。幼虫がウリ科果実に潜り込んで食い荒らす。拡散防止のために本土へのウリ科青果の出荷禁止が実施され、農家は大打撃を受けた。1972年より不妊化個体の放虫が始まり、21年かけて1993年に根絶宣言が発せられた。, 1974年に侵入が確認され、温暖地や施設園芸農家を中心に本土全体に拡散している。侵入ルートは諸説あってはっきりしない。あらゆる植物の葉から吸汁し、キュウリ黄化ウイルスを媒介する。甘い分泌液をこぼし、それを培地としてスス病菌が増殖するため、商品価値の低下や光合成不良を引き起こす。, カンシャとは沖縄方言でサトウキビ(甘薯)を指す。1911年に台湾から移入したサトウキビ苗に付着していたと考えられる。沖縄諸島全域に定着しているほか、突発的に北上して奄美諸島や, カンショはサツマイモ(甘藷)ではなくサトウキビ(甘蔗)。国内には定着していないが、小笠原で異常発生し、固有, 侵入時期は不明で、全国の暖房が完備された家屋に侵入している。無加温の室内や屋外では生育できないため、屋内に定着する。ヒトの口にする食材はすべて食べることができ、腐敗物に触れた個体によって各種病原体を媒介する。屋内でも空調機・照明・モーター・パソコン機器など発熱しやすい電化製品に潜りこんで暖を取るため、故障を誘発する。, 1944年に天草群島で異常発生した。1952年までに駆除され、1970年以降は天草での採取例はなく、以後は国内での定着は確認されていない。沖縄でも20世紀初頭に確認されたが、いつの間にか姿を消し、日本固有種のヒトスジシマカに席巻されている。, 1990年に愛知県と大阪府で侵入が確認された。他県への侵入は確認されていない。体長2mmと小型のため、同じく外来種のトマトハモグリバエとの区別は難しい。マメ科全般を中心に、ウリ科・ナス科・キク科・アブラナ科の植物に産卵し、幼虫は葉に潜りこんで食害する。他のハモグリバエ科幼虫と同様に「エカキムシ」の一つ。北アメリカでは農薬のみならず、寄生蜂による駆除が確立している。, 1980年頃に侵入が確認されたが、長距離移動が苦手なアザミウマだけに、分布は千葉・埼玉に留まる。体長1mm前後の個体が多いアザミウマの中では例外的に2mm近くまで成長する。名前に反し、樹木よりも野菜や花卉を吸汁する。また、ウィルスを媒介して作物に被害を及ぼす。, 1978年に侵入が確認され、九州全域・四国全域・和歌山県〜茨城県の太平洋岸に分布する。南方原産のため、本土の寒い冬では露地の越冬できないが、ハウス・温室内で生存する。野菜や花卉を吸汁する。また、ウィルスを媒介して作物に被害を及ぼす, 1920年頃に侵入が確認された。本土全土で定着している。主に柑橘類に寄生し、部位を選ばず孵化後数時間で張り付いて吸汁する。果皮に固着した雌の個体は特に目立ち、商品価値を大きく落とす。雄はあまり動き回らず、孵化した地点で固着し、羽化するまで動かない。寄生蜂による駆除が行われている。, 淡水性ザリガニ。1927年に食用蛙の餌として輸入したが、食用蛙養殖の破綻とともに全国に拡散した。本土のみならず沖縄にも定着している。ニホンザリガニを駆逐し、国内では最もありふれたザリガニとなっている。ニホンザリガニよりも巨大なため、捕食される魚類も被害が大きい。色の変化に富み、変色個体はペットとしても高い人気を保っているため、逸出の危険は高い。, 亜熱帯原産。1986年に沖縄のハウストマトで確認された。本土上陸は1991年で、1999年までに東海から関東・甲信越に列島を横断しながら広まった。ナス科植物の輸入苗に付着していたとされる。高温を好むため、露地では越冬できないが、ハウスでは増殖する。トマトを中心に葉裏に付着して吸汁し、落葉に至らしめる。果実を吸汁すると変色や亀裂を発生させ、商品価値を大きく損ねる。, 陸生巻貝。1932年に食用としてシンガポールから台湾経由で沖縄に持ち込まれた。広東住血吸虫の中間宿主であることが判明し、1936年に特殊病害虫に指定されて食用養殖が断念され、投棄された個体が野生化した。南西諸島全域や小笠原諸島に拡散し、雑食性のため農作物や固有, 淡水巻貝。1935〜40年頃に日本で定着が観測された。水質汚濁に強く、汚れた水の指標生物として知られる。固有種の, 陸生巻貝。貝殻は甲羅状に退化し、粘膜内に残る。1950年代に定着が確認された。連合軍の物資に紛れていたと推定されている。本州・四国・九州に広く分布し、ごく普通に見かけるナメクジとなっている。在来固有種のナメクジと同様に植物を食害する。目立たない存在であるが、在来固有種を駆逐して乗っ取りに成功している。, 陸生巻貝。カタツムリとしては高速で、樹上にも登れる機動力を誇る。肉食のため、全世界の離島にアフリカマイマイ駆除を目的に放たれた。しかしアフリカマイマイ以上に固有カタツムリを食害し、壊滅に追いやっており、天敵による駆除の失敗例として, 海産固着生物。1970年代に太平洋・瀬戸内沿岸各地で確認され、80年代には玄界灘・隠岐にも侵入している。貨物船のバラスト水に混入していたと推定される。個体は全長2〜4cmの小型種で、石灰質の棲管に入り、密集してコロニーを作る。1〜2ヶ月で成熟するため、カキやアコヤガイなど養殖貝に取り付けば、貝より早く成長して貝殻を固定してしまい、斃死に追い込んでしまう。, キク科アキノキリンソウ属の多年生草本。明治中期に園芸花卉として輸入されたが、逸出して野生化した。本土全体に定着し、北海道では同属のセイタカアワダチソウより優勢。セイタカより茎や葉の毛が少なく、花序もまばらで開花も早い。また、群落を作らず分散する。荒地や道端など各地に発生し、固有種を駆逐する。, キク科ハルシャギク属の多年生草本。1880年代に園芸花卉として輸入された。外来生物法制定の直前まで品種改良が進められ、ガーデニングやワイルドフラワー緑化に用いられていた。沖縄を含む全国で定着している。積極的な移植が進められた結果、河川敷や線路際などを占有し、在来種を駆逐している。再生力が強く刈り取りに耐え、種子は数年生存するために根絶が難しい。, キク科ブタクサ属の一年生草本。1952年に清水港で侵入が確認された。輸入飼料に混入していたと推定される。沖縄を含む全国で定着している。草本でありながら4mを超えることもあり、河川敷や荒地では固有種を駆逐しながら占有種となることもある。, 日本固有のタンポポ属20種の脅威となっているのはセイヨウタンポポとアカミタンポポが主流で、いずれもヨーロッパ原産の多年生草本。セイヨウタンポポは1904年に流入が確認され、今や日本に自生するタンポポの8割はセイヨウタンポポと固有タンポポの交雑種といわれ、総苞片が反ったものは雑種と判断できる。局地的に分布する固有タンポポの多くが交雑や競合で危機的な状況にある。, イネ科カモガヤ属の多年生草本。英語名の「オーチャードグラス」でも知られる。明治維新期に牧草としてアメリカから北海道に導入され、沖縄を含む全土で定着する。ほぼ牧草として利用され、恒常的な輸入によって全国に広まった。耐熱性・耐乾性に優れ、種子は家畜の胃でも消化されずに糞に紛れて拡散できる。中央高地の亜高山帯に侵出し、固有種との競合が見られる。, トチカガミ科コカナダモ属の多年生草本。1961年に琵琶湖で定着が確認された。沖縄を含む全国に定着している。節ごとに生える葉の数が3枚ずつなので、5枚ずつ生えるオオカナダモと区別できる。実験用・観賞用ともオオカナダモに大きく劣るため、導入目的は不明。同じく雄株のみの導入で、固有種の駆逐や航路・水路の閉塞を招く。貧栄養でも増殖できるため、, イネ科スズメガヤ属の多年生草本。砂防緑化・法面緑化を目的として1959年に四国農業試験場がアメリカから取り寄せた。沖縄を含む全国に定着している。水はけがよい土地を好み、河川敷ではよく発達する。川に流れた種子が下流に着岸し、上流から下流に向け占有していく。, キク科アキノキリンソウ属の多年生草本。1897年に観賞花卉として輸入されたといわれる。1940年代に爆発的に増殖し、本土全域に広まった。養蜂業の発展や戦後の開拓・復興による空地の造成が原因とする説がある。1970年代に大繁殖し、代表的な帰化植物とされた。, キク科シオン属の多年生草本。大正時代に観賞花卉として輸入された。園芸品種の多いシオン属の中では人気薄で、全国的に散発的に野生化しており、園芸品種としては衰退傾向にある。他のキク科植物と同様、侵入速度が速く、固有の生態系を圧迫する。北海道では特に野生化が著しく、ブルーリストA3の重要懸念生物に分類される。胆振から日高にかけては大群落を形成する。, マメ科ハリエンジュ属の落葉木本。1873年に多用途樹木として輸入した。沖縄を含む全国に定着する。, キク科ムカシヨモギ属の多年生草本。近縁のヒメジョオンよりかなり遅く、1920年頃に観賞花卉として輸入された。全国に拡大を始めたのは1950年代で、本土全域に定着した。1970年代に除草剤被曝を受けた結果、生き残った除草剤耐性株が席巻している。耕作地や畦道・堤防・道端など、あらゆる土地に適応し、繁殖力が強い。刈り取りや踏み付けなどの物理的負荷にも耐性がある。, キク科ムカシヨモギ属の二年生草本。観賞花卉として幕末の1865年に輸入されたものの、鑑賞目的では普及せずに野生化した。本土全域に定着している。多年生のハルジオンよりも短命ではあるが、種子量が多く、根茎によって群落を形成する。根茎の再生能力は高く、地上部を刈り取ってもやがて根茎から再生する。亜高山帯への進出が目立ち、外来種根絶駆除活動でも対象となっている。, サンゴ礁に自生する海藻。本土には水族館展示・アクアリウムを目的に輸入された。自然界のイチイヅタは問題ないが、ヨーロッパの水族館で紫外線照射を受けた株は突然変異を起こし、耐寒性と毒性を得て「キラー海藻」と通称された。1984年に, 線形動物回虫目回虫科。アライグマと同時に侵入した後、1981年にアメリカで発見された。虫卵をヒトが経口摂取すると、幼虫のまま腸壁から循環器を経由して主に脳や神経系を迷走する。幼虫は巨大で全長2mmに達するため、脳細胞や神経細胞のダメージが大きく、アメリカでは3名の死亡例と9名の脳障害が報告されている。アライグマ経由よりもその他の動物経由が危惧される。, 線形動物葉線虫目アフェレンクス科の線虫。1905年に長崎県で侵入が確認された。北海道・青森を除く本土全域や沖縄で定着している。固着木材の流通やマツノマダラカミキリを宿主として伝播する。カミキリ自体が「マツクイムシ」の通称を持つ害虫であり、被害は重篤化する。食害を受けたアカマツ・クロマツの中には松枯れ病(. 外来生物法で指定する、外来種の中で生態系や人の生命・身体、農林水産業への悪影響が特に大きいもの。 指定外来種とは. 特定外来種と指定外来種 特定外来生物とは . 特定外来生物とは、外来生物(海外起源の外来種)であって、生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を及ぼすもの、又は及ぼすおそれがあるものの中から『特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律(以下「外来生物法」という。

関ジャニ∞クロニクルf 動画, 英語 プレゼン スライド, はぐれ刑事 なんJ, プラダを着た悪魔 Dvd 特別編とは, 藤あや子 実家, 鬼 滅 の刃 グッズ 売っ てる 場所 福岡, 難波 東急ハンズ 行き方, エール 田ノ上五郎 実在, Clarification Explanation 違い, 温泉 桶, ツイッター モバイル版 開けない, 梅宮辰夫 葬儀 浜田, Twitter 画像 貼れない IPhone, Detailed 意味, アルミサエル スパロボ, ラミエル 声優 エヴァ, 反対語 クイズ 簡単, エヴァンゲリオン Unext, ヨーロッパ ひとり旅 学生, ご丁寧にありがとうございます 英語, インフルエンザ予防接種 いつから 始まった, 石橋貴明 子供, ラストフレンズ 歌, 仮面ライダー エックス 俳優, ゼーレ会議 Zoom, ロードオブザリング ゴラム セリフ, シト新生 無料 動画, 萬 常用 漢字, エヴァ 所属 モンスト, ツイッター 検索方法, 啄木鳥探偵處 あにこ, 代価表 エクセル, 参照先 参照元 英語, 東急ハンズ プレゼント 男性, IPhone 他のアプリで開く 追加, うえしゃま 骨折, 日ノ出町 事件, 寛容 対義語, 君に届け 菜々緒 何役, ショパン ノクターン, 厳寒 対義語,

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。