GAME

幸田文 幸田露伴


旬のファッション、 美容、グルメ、お出かけなど、厳選情報をお届けします。, ※Precious本誌ならびにPrecious.jpに関するお問い合わせはこちら。 ジャンル 芸術文化 出身 東京都 生年月日 1904年9月1日 没年月日 1990年10月31日 年齢 満86歳没. 【ホンシェルジュ】 少々難解なイメージのある幸田露伴の小説。しかし一度読み進めてみると、練りこまれた物語の面白さや登場人物の魅力にのめり込んでしまいます。熱心なファンが多いことも納得でしょう。代表作『五重塔』をはじめとする、おすすめ作品を紹介します。 ※11月号213ページの、「ゲラン オーキデ アンペリアル ザ エッセンス ローション 125㎖ ¥14,700」の記載に誤りがございました。 幸田露伴を知らなくても、ひとつの美しい随筆集として間違いなくおすすめ。 昭和20年代を生きる日本人の姿から学ぶことは少なくありません。 作者紹介 幸田文(小説家・随筆家) 1904年(明治37年)、東京生まれ。 父は明治時代に活躍した文豪の幸田露伴。 ※11月号98ページの、〝セルジオ ロッシ〟の『sr21』の記載に誤りがございました。 本サイトに掲載している2019 年9月30日以前の記事の税込価格は、当時のものです。

撮影/五十嵐美弥(人物), 【青木奈緖さんインタビュー】幸田露伴、幸田文。「幸田家のことば」から学ぶ「生きるための哲学、心意気」. 正しくは、「¥331,000」です。お詫びして訂正いたします。 こうだあや. 幸田文さんのお父さんも、作家でした。 父の名は、幸田露伴(読み方は「こうだろはん」)、 私でも名前は知っているくらい有名な文豪です。 個人的な話になりますが、 本屋で「努力論」という本を見かけて、一度読んでみたいと思ってきました。 「心ゆかせ」「ぞんざい丁寧」「猫根性」「桂馬筋」「人には運命を踏んで立つ力があるものだ」……幸田家のことば40語に込められた生きる道理をひもとく本書は、家族とともにあることばが自分にとって大切な財産と気づかされる心に響く一冊です。, 東京・小石川生まれ。大学卒業後、オーストリア政府奨学金を得てウィーンへ留学し、足かけ12年ドイツに滞在。1998年に帰国して『ハリネズミの道』でエッセイストとしてデビュー。『動くとき、動くもの』、『幸田家のきもの』、小説『風はこぶ』や絵本の翻訳『リトル・ポーラベア』シリーズなどの著書を持つ。幸田露伴は母方の曾祖父、幸田文は祖母にあたる。 小説家、随筆家。明治の文豪・幸田露伴の娘(次女)である。 幸田 露伴(こうだ ろはん、1867年8月22日(慶応3年7月23日) - 1947年(昭和22年)7月30日)は、日本の小説家。本名は成行(しげゆき)。別号に蝸牛庵(かぎゅうあん )、笹のつゆ、雷音洞主、脱天子など多数。江戸(現東京都)下谷生れ。帝国学士院会員。帝国芸術院会員。第1回文化勲章受章。娘の幸田文も随筆家・小説家。高木卓の伯父。 ※11月号188ページの、「ボトルカバー¥26,000」の記載に誤りがございました。 作家・青木奈緖さんの著書『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』。幸田露伴、幸田文、青木さんと4代受け継がれてきた幸田家の「ことば」の根底に流れる生き方や心持ちについて見つめ直したこの本には、現代を生きる私たちの心にも響くことばがあふれていました。, 作家の青木奈緖さんは、幸田露伴のひ孫、幸田文の孫にあたり、なんと4代続くもの書きという一家。けれど「生まれつきのもの書きなんていません」という青木さんは、大学卒業後、オーストリア政府奨学金を得て、ウィーンへ留学。足かけ12年間、ドイツとオーストリアに滞在し、翻訳者として自活。帰国後エッセイストとしてデビュー、現在は作家として、またNHK放送用語委員会委員としても活躍しています。, そんな青木さんが生い立ちに立ち返り、日々の暮らしの中で、自然と身につけていた、幸田家につたわる「ことば」から、その根底に流れる生き方や心持ちについて見つめ直した本が『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』です。, 今ではほとんど使われないことばが多いけれど、真意を知っていると元気になれたり、身が引き締まる思いになったり、おもしろい言い回しが詰まっているこの本。その一部を引用してご紹介します!, 目的にかなっていれば、丁寧が最上とは限らない。手早くすませ、そこから生まれる余裕に助けられることもある。幸田露伴の母・猷のことば。(『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より), このことばは、普段着の着物を縫う際に、やたら時間をかけて細かく縫うのではなく、実用に耐える強度があれば荒い針目も構わない。今と違って女性の日常が家事に忙殺されていた明治のころ、一日をいかに効率よく過ごすか、物事の本質を見きわめよと言っているのです。, “家事というものはずるずるしていれば際限なく手がかかり、滞らせればたちまち反乱して家の中に支障が出る。それゆえ、こちらが家事に追い回されるなどもってのほか、逆にこちらから追いかけるようにして、最も手早く、効果的にひと通りをすませ、あとはひとときでもいいから、家事をする者もゆったり好きなことをする時間を持たねばならないと説いている。” (『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より), 何事にもベストを尽くすのが最高ですが、丁寧に時間をかけ過ぎて、別のことが滞っては意味がありません。これって、家事だけではなく仕事にもいえることですよね。筆者も耳が痛くなりましたが、心に留めておきたい言葉だと思いました。, 自分の分相応を知ったうえで、わき起こる欲を抱え、前を向いて歩くのが人生。欲に振り回されるのは愚かだが、欲がなくなったら人は終わり。(『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より), “いくら欲しいと願っても、人ひとりで持てる量は限られている。それでも欲と道連れに前を向いて歩くのが人生だ、と。” (『幸田家のことば 知る知らぬの種をまく』より), 誰にでも欲は必ずあるという前提で、自分が欲とどう付き合っていくのか、一歩引いて俯瞰することができれば、おのずと自分の分相応と不相応との見極めがつく、と私たちに教えてくれます。, 明治から昭和の激動の時代、幸田家の暮らしに根づいたことばたち、その折り合いのつけ方は、現代を生きる私たちの心にも響いてきます。, お礼状やお祝い、おくやみなど、挨拶状というのはある程度の定型がありながらも、季節やその人らしさを織り込まないと気持ちがこもって見えないという、やっかいな存在。, 青木奈緖さんの担当編集者が気持ちを伝えることばに感動したのが、青木さんからのメールの文末にあった、つい書きがちな「ご自愛ください」ではなく、「ご機嫌よくいらっしゃいますように」ということば。相手をおもんばかりつつ、余韻があって、心に残ることばですよね。, この文末ことばのような「自分らしい言い回し」はどうやったらできるのか、青木さんに教えてもらいました!, ご自身のことを「面倒くさがり」という青木さんは、挨拶状を手書きする前の下書きを、パソコンに全部保管してあるのだそう。そのずらりと並んだ礼状のファイルというのが、とても役にたつのだとか。, 「礼状や冠婚葬祭、込み入った内容のお手紙は苦労して書きますよね。その苦労を、一度きりで無にしてしまうのはもったいないと思うんです。あのときは、〇〇さんに何をどう書いたっけ、なんて参照できるから、とても役にたつんです。時候の挨拶なんか、桜が咲いたり、若葉のころになったり、ぐるぐるめぐっているんですけどね(笑)。人からいただいたもので、気になる表現があったりすると、礼状ファイルに足したりもしています。ウェブに載っている挨拶状の例文を参考にするのもいいですけれど、自分に蓄積があって見返すことができれば、少しずつアレンジも加えられます。毎回ゼロから考えなくてもいいと思うんです」(青木さん), 意外にも、合理的な方法で「自分らしい言い回し」を管理していた青木さん。この柔軟性も、幸田家の教えにかなっているのかもしれません。, 素敵な大人の女性になるためには、見た目だけではなく内面の美しさも…とよく言われますが、「内面の美しさ」ってなんでしょう。, 心根のよさ、豊かな教養、深い知識など、いろいろなものをひっくるめて「内面」と言えますが、その「美しさ」が人に伝わるのは「ことば」次第。, 何気なく使うことばは、相手に良い印象も悪い印象も与えることができる両刃の剣。素敵な大人の女性は、みんな自分のことばを持っています。私たちが、豊かなことばを身につけるためには?, 「家族の中でどんなことばが使われてきただろう、と見直してみること。誰にも思い出深いことばや、心に留めておきたい大切なことばがあるはずです。人は必ずことばを使って生きているけれど、その数は膨大で、いつのまにか記憶から抜け落ちてしまうことばも多いものです。, たとえば家族の誰かの口癖を子どものころに聞き覚えていて、大人になってふとした拍子にその意味を知るなんて経験、ありませんか? なぜその人はそのことばを口癖にしていたのか。たったひと言から思い出すことも多いんです。おばあちゃんがあんなこと言ってたな、とか、みんなで笑った思い出とか。そんな家族の情景とともに思い出す、今の自分を育ててくれたことばを大切にしないともったいないと思いますね。, 急に言われても、そんなのない、と思う人のほうが多いと思いますが、ぜったいにあるはず。家族でなくても、恩師とか、友人とか」(青木さん), 「誰かと話していて、このことばは素敵だなって思うこともあります。そのときに、聞き逃さないようにアンテナを張っておくのも、大事なことですね。そういった、ことばの蓄積を多くしておくことは、損にはなりません。著書内にある『ことばの手置きをよくしておく』というのも、いざというときに、ふさわしいことばがちゃんと出てくる状態にしておくことが大切、ということです」(青木さん), 「一度は辞書でちゃんと調べて、あとは使っている間に語感が養われます。初めは、とんちんかんな使い方をするかもしれないけれど、使っているうちにしっくりくるはず」(青木さん), 自分のルーツとなることばを探す、ことばに対して敏感にアンテナを張っておく、そして実際に使ってみる。そうして自分の中にことばを蓄積していく。, 使わないと忘れてしまうのがことば。日ごろの生活の中で、自分の発することばに意識を向けていくことで、少しづつことばが豊かな女性に近づけそうです。, スマホでいつでもラグジュアリー体験。
好きなもの:寝ること、食べること、猫、犬、植物、読書、オペレッタ、戦前のドイツ映画、歌舞伎、三味線、きもの、料理、お茶、家でゆっくりすること 幸田文. 正しくは、「ドリンクボトル&ホルダー¥17,000」です。お詫びして訂正いたします。 幸田 文(こうだ あや、1904年〈明治37年〉9月1日 - 1990年〈平成2年〉10月31日)は、日本の随筆家・小説家。東京都生まれ。幸田露伴次女。女子学院卒。父露伴の死後、『雑記』『終焉』『葬送の記』などの回想文で文壇に登場。のち小説も書き、『黒い裾』『流れる』などで高い評価を得た。繊細な感性と観察眼、江戸前の歯切れの良い文体が特徴。折々の身辺雑記や動植物への親しみなどを綴った随筆の評価も高く、『こんなこと』『みそっかす』や、没後刊行された『崩れ』『木』などの多数の作品集があり、永い人気を保っている。他に映像化の多い『おとうと』も知られている。日本芸術院会員。, 作家の幸田露伴、母幾美(きみ)の次女として東京府南葛飾郡寺島村(現在の東京都墨田区東向島)に生まれる[2][3]。1910年、5歳のときに母を、1912年、8歳のときに姉の歌を失う。1912年に父の露伴が児玉八代(やよ)と再婚。1917年に寺島小学校を卒業。東京女子高等師範学校受験に失敗するが、八代のつてにより女子学院に入学[4][5]。その年の夏休みから露伴による生活技術の教育を受けるようになる[2][3][6]。1926年、22歳のときに弟の成豊(しげとよ)も失う[2][3]。, 1928年、24歳で清酒問屋三橋家の三男幾之助と結婚し、翌年娘の玉(青木玉)が生まれる[2][3]。しかし、結婚から8年後、家業が傾き廃業[7]。1936年、築地で会員制小売り酒屋を営む[8]も1938年に離婚、娘の玉を連れ父のもとに戻る[2][3]。戦時中には、露伴の生活物資の確保のために働き(その一端は青木玉の回想記『小石川の家』(講談社のち文庫化)に詳述されている)、少女時代から露伴にしこまれた生活技術を実践していった。, 1947年、露伴死去。露伴の思い出や看取りの記を中心にした『雑記』『終焉』を発表。のち『父』、『こんなこと』、1949年には幼少時の思い出を書いた『みそっかす』を連載するなどの随筆集を出版し注目された。しかし、1950年に断筆宣言[9]をし、翌年柳橋の芸者置屋に住み込み女中として働いたが、病のため約2ヶ月で帰宅する[3]。そのときの経験をもとにして1955年より連載した長編小説『流れる』(1956年刊行)で1956年に第3回新潮社文学賞受賞、1957年に昭和31年度日本芸術院賞を受賞した[3][10]。また、『黒い裾』で1956年に第7回読売文学賞受賞、『闘』で第12回女流文学賞を受賞した[2]。1976年に日本芸術院会員となった[2]。, 1965年の夏、奈良県斑鳩町の法輪寺住職井上慶覚から、焼失した三重塔の再建について話を聞いたことをきっかけに、官公庁への嘆願・申請や募金活動に尽力。その後自らも奈良に移り住み作業にも加わるなどし、1975年に再建された[11]。, 1988年5月から脳溢血により自宅で療養。その後は茨城県石岡市の老人ホームに入所。1990年10月29日に心筋梗塞を発症して隣接の石岡第一病院へ入院。2日後の10月31日、心不全により86歳で死去[1][2][12]。叙従四位、勲三等瑞宝章追贈[13][14]。, 由里幸子 「不和の家」「文豪の記録」『女性作家評伝シリーズ13 幸田文』 新典社、2003年, 東京朝日新聞でとりあげられた。昭和11年12月26日号記事「酒仙・露伴博士の 令嬢が酒店を開業 奥様業から街頭に」, 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=幸田文&oldid=79386990, 『文藝別冊 増補新版 幸田文 生誕110年、いつまでも鮮やかな物書き』 河出書房新社、2014年6月, コロナブックス編 「幸田文とふたつボン」『作家の猫』 平凡社〈コロナブックス〉、2006年6月.

正しくは、『srTWENTY』 (srトゥエンティ)です。お詫びして訂正いたします。 No reproduction or republication without written permission. © Shogakukan Inc. 2020 All rights reserved. 幸田 文(こうだ あや、1904年〈明治37年〉9月1日 - 1990年〈平成2年〉10月31日)は、日本の随筆家・小説家、日本藝術院会員。 ※11月号135ページの、「ブーツ¥323,000」の記載に誤りがございました。 もともと病弱であり、生後27日目にして医者の世話になるなど、幼時は何度も生死の境をさまよったことがあった。翌年、上野戦争が起こったため、浅草諏訪町に移る。, 下谷に戻った後、神田に落ち着いた。下谷泉橋通りの関千代(書家・関雪江の姉)の塾で手習い、御徒士町の相田氏の塾で素読を学んだ。1875年(明治8年)、千代の勧めで東京師範学校附属小学校(現・筑波大附属小)に入学。このころから草双紙、読本を愛読するようになった。, 卒業後の1878年(明治11年)、東京府第一中学(現・都立日比谷高校)正則科に入学する。尾崎紅葉や上田萬年、狩野亨吉らと同級生であった。のちに家計の事情で中退し、数え年14歳で、東京英学校(現在の青山学院大学)へ進むが、これも途中退学。東京府図書館に通うようになり、淡島寒月を知った。また兄・成常の影響で俳諧に親しみ、さらに菊地松軒の迎羲塾では、遅塚麗水とともに漢学、漢詩を学んだ。, 数え年16歳の時、給費生として逓信省官立電信修技学校(後の逓信官吏練習所)に入り、卒業後は官職である電信技師として北海道余市に赴任。現地の芸者衆に人気があったと伝えられるが、坪内逍遥の『小説神髄』や『当世書生気質』と出会った露伴は、文学の道へ志す情熱が芽生えたと言われる。そのせいもあり、1887年(明治20年)職を放棄し帰京[2]。この北海道から東京までの道程が『突貫紀行』の題材である。また、道中に得た句「里遠し いざ露と寝ん 草枕」から「露伴」の号を得る[3]。, 免官の処分を受けたため父が始めた紙店愛々堂に勤め、一方で井原西鶴を愛読した。この頃「好色五人女」の写本を書いている[4]。1889年(明治22年)、露伴は「露団々」を起草し、この作品は淡島寒月を介して『都の花』に発表された[5] 。これが山田美妙の激賞を受け、さらに『風流佛』(1889年)、下谷区の谷中天王寺をモデルとする『五重塔』(1893年)などを発表し、作家としての地位を確立する。, 1894年(明治27年)、腸チフスにかかり死にかけるが、翌年に結婚。それ以降の数年で『ひげ男』(1896年)『新羽衣物語』(1897年)『椀久物語』(1899年~1900年)を発表。また当時としては画期的な都市論『一国の首都』(1899年)『水の東京』(1901年)も発表する。, この頃に同世代の尾崎紅葉ととも「紅露時代」と呼ばれる黄金時代を迎える。「写実主義の尾崎紅葉、理想主義の幸田露伴」と並び称され明治文学の一時代を築いた露伴は、近代文学の発展を方向づけたとされる。また尾崎紅葉・坪内逍遥・森鷗外と並んで、「紅露逍鴎時代」と呼ばれることもある。, 1904年(明治37年)、それまで何度も中絶のあった「天うつ浪」の執筆が途絶えた。これ以後、主に史伝の執筆や古典の評釈に主眼を移した。史伝の作品としては「頼朝」「平将門」「蒲生氏郷」などがある。一方、井原西鶴や『南総里見八犬伝』を評釈し、沼波瓊音、太田水穂ら芭蕉研究会の6人との共著『芭蕉俳句研究』を出した。1920年(大正9年)には『芭蕉七部集』の注釈を始め、17年かけて晩年の1947年(昭和22年)に評釈を完成させている。, 1907年(明治40年)、唐の伝奇小説『遊仙窟』が万葉集に深い影響を与えていることを論じた『遊仙窟』を発表。1908年(明治41年)には京都帝國大学文科大学初代学長の旧友・狩野亨吉に請われて、国文学講座の講師となった。同時期に内藤湖南も東洋史講座の講師に招聘されている。この両名はそれぞれ小説家として、ジャーナリストとして当時から有名であったが学者としての力量は未知数であり、狩野の招聘は破天荒とさえいわれた。, 露伴の指導を仰いだ青木正児によると、日本文脈論(日本文体の発達史)・『曽我物語』と『和讃』についての文学論・近松世話浄瑠璃などの講義内容で、決して上手な話し手ではなかったが学生の評判は非常によかったという。ただし、黒板の文字は草書での走り書き、しかも体格ががっちりして頭が大きいのでその文字を覆ってしまい学生達はノートを取ることが難しかったという。露伴は学者としても充分な素養があったのだが、何かの事情により夏季休暇で東京に戻ったまま、僅か一年足らず(京都へ移り住んだのは当年初めだった)で大学を辞してしまった。露伴自身は冗談めかして、京都は山ばかりで釣りが出来ないから、と述べているが、官僚的で窮屈な大学に肌が合わなかったようだ。また、妻の幾美が病気がちであったことも理由に考えられる(幾美は翌1910年に亡くなっている)。皮肉なことに、大学を辞めた翌年の1911年(明治44年)に文学博士の学位を授与されている(『遊仙窟』が主要業績)。, しばらく作品を発表しなかった時期の後、『幽情記』(1915年から1917年の作品をまとめた短編集)『運命』(1919年)を発表し、大好評を博して文壇に復活する。これらは中国の古典を踏まえた作品であり、これ以降も中国から素材をとった作品を多く発表している。小説を書くだけではなく、道教研究でもパイオニアの一人であり、世界的にまだほとんど道教が研究されていない時期に幾つかの先駆的な論文を表している。これらの評価については、『運命』は谷崎潤一郎らの絶賛を博したが、高島俊男は中国の史書の丸写しに過ぎないと批判している。道教研究に関しては南條竹則が「道教の本を色々漁ったが、最も感銘を受けたものは露伴とマスペロのものだった」と述べており、アンリ・マスペロの『道教』と並んで未だに道教研究の古典として名高い。, 1937年(昭和12年)4月28日には第1回文化勲章を授与され、帝国芸術院会員となる。1947年(昭和22年)7月30日、肺炎に狭心症を併発し[6]、戦後移り住んだ千葉県市川市大字菅野(現:菅野四丁目)において、満79歳で没。, 葬儀は、三間しかない小さな自宅でささやかに行われたが、片山哲(現職首相)と安倍能成が出席、衆議院と参議院からは弔詞が捧げられた[7]。墓所は池上本門寺。戒名は、露伴居士。死後、墨田区寺島町にあった露伴が長く住んでいた民家の老朽化が進み取り壊された時に、その跡地に公園が建設される事となった。公園は1963年(昭和38年)4月24日に完成し5月上旬に開園式が行われ、「露伴公園」の名前が付けられた。 この公園は、2020年現在も「墨田区立露伴児童遊園」として現存する[8]。, 露伴は幸田成延、猷夫妻の四男である。長兄の成常は実業家で相模紡績専務などを務めた。次兄の成忠(しげただ)は海軍軍人、探検家で、郡司家へ養子に出された。弟は歴史家の成友(しげとも)で、妹の延(のぶ)はピアニスト・バイオリニスト、幸(こう)はバイオリニストである[2]。, 幸田家は法華宗を宗旨としていたが、罷免された成延が延の学友である岩城寛と植村正久の勧めによりキリスト教へ改宗、他の家族も入信させた。余市の赴任から帰京した露伴も植村に改宗を勧められたが、これを拒絶している。そのため父母兄弟の中で露伴だけがキリスト教徒ではない。, 数え年29歳の時に山室幾美(きみ)と結婚。よき理解者であり、長女歌、次女文、長男成豊(しげとよ)が生まれた。幾美は1910年(明治43年)にインフルエンザで亡くなり、その2年後の1912年(大正元年)に歌が若くして亡くなる[2]。この年キリスト教徒の児玉八代(やよ)と再婚している。文は八代の計らいでミッション系の女子学院へ通った。1926年(大正15年)、成豊が肺結核で亡くなる[9]。八代は1933年(昭和8年)から別居し、1945年(昭和20年)に亡くなった[2]。, 文は、露伴の死の直前に随筆を寄稿し[10]、さらに露伴没後には父に関する随筆で注目を集め、その後小説も書き始め作家となった 。文の一人娘青木玉も随筆家、またその子青木奈緒はドイツ文学畑のエッセイストである。, 『露伴全集』は生前に弟子の漆山又四郎を中心に編まれた。没後は塩谷賛等により2度にわたり全集(岩波書店、第2次版(全44巻)は増補巻を追加し1978年から80年にかけ刊)が編まれた。, 家をもたないカタツムリに擬した命名。度々引っ越しを余儀なくされた自宅を指す。(小林勇『蝸牛庵訪問記』), 青木玉 『記憶の中の幸田一族』 講談社文庫、2009年、略系図、「母を語る」「祖父のこと、母のこと」など, 雑誌「藝林閒歩」1947年(昭和22年)「露伴先生記念号」。ただし、雑誌発行は露伴の没した直後であった, ビールを愛した近代日本の人々・幸田露伴|歴史人物伝|キリン歴史ミュージアム|キリン, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=幸田露伴&oldid=79305683, 風流仏(ふうりゅうぶつ)(1889年9月「新著百載」。1889年、吉岡書籍店) - 若い彫刻家珠運は、修行のため奈良に行く途中、木曾須原の宿で、花漬売お辰に熱烈に恋をする。宿の主人の助力で、邪悪な伯父からお辰をすくい、主人がなかに立って2人の婚礼の日、お辰のまだ見ぬ父の使いが来て、お辰を連れて行く。お辰の父は華族で政府の顕官、維新のときに京都の愛妓に生ませたお辰をさがしていた。お辰は父の命に背けず、心ならずも須原の地を去る。残された珠運が絶望の淵に沈むのを、宿の主人がなぐさめて、腕いっぱいの彫刻を作ってはと白木の檜板をくれる。珠運はお辰を神化した女神像を刻み、ある日、新聞でお辰が華族と結婚したと知り、怒りから像を砕こうとすると、なんと像が珠運に微笑し話しかける。気の迷いとふたたび壊そうとすると、玉の腕で温く珠運を抱き、髪の毛も匂やかに頬をこするので、はっとしてお辰かとおもわず抱き締める。「彫像がうごいたのやら、女が来たのやら、問はば拙く語らば遅し、玄の又玄、摩訶不思議」。, 縁外縁(1890年1月、「日本之文華」に掲載。6月「対髑髏(たいどくろ)」と改題して短篇集『葉末集』に収録) - 明治22年4月ころ、「露伴」は病気になり、中禅寺の奥、白根嶽の下、湯の湖のほとりで静養する。病気が治り、同じ道を引き返すのもいとわしく、血気に任せて金精峠という木叢峠をめざして分け登る。雪はまだ深いうえに、道に踏み迷い、ようやく目指す湖のほとりに来るころには、日はとっぷりと暮れている。足は痛み、雪沓は破れ、困り果ててたたずみ、ふと灯火を見つけて、たどり行くと、その家は、お妙という美女の独り住まい。泊まりを許されて、一夜、女の昔語りを聞く。彼女は東京の豪家の育ちであるが、早くに父を亡くし、18歳で母も亡くす。悲しみも失せぬ彼女の上には縁談が降るようで、そのなかで或る貴公子に深く思われ、彼女も嫌いではないが、亡母の遺言を守り、心を鬼に結婚を拒む。彼女に焦がれ死にしそうになった貴公子の臨終の際に、一目見てから男が恋しくなり、悲しみのあまり狂いだし、この山中に迷い入り、或る高僧に巡り会い、悟りを開き、ここに草庵をむすんだという。朝日紅々とさしのぼり、家も人も雲霧と消え去り、枯れ残った去年の萱薄のなかにただひとり、足下には白い髑髏が1つ転がっている。村里に下り、温泉宿の主人にきくと、去年、気の狂った癩病の女乞食が、山に入って帰らないが、たぶんその女が山中で死んだのであろうという。, 風流微塵蔵(ふうりゅうみじんぞう)(1893年 - 1895年「国会」に連載。未完。第1巻1895年12月刊、第2巻1896年2月刊、第3巻4月刊、第4巻8月刊) - 卯月なかば、豊前小倉在の禅僧栽松道人が青柳村をひょっこり訪れる。彼はもと久留里の藩中の良い家柄の生まれであったが、若気の至りで家出して、漂白のあげく僧になった。25年ぶりの故郷には、叔母おとわがいるだけ。昔話ののち、評判の美人だった真理谷お静のことにふれると、僧の顔色が一変する。自分の家の後裔にしようと思っている玉之助のことで、お静に相談したいと出かけるが、お静に会わずに立ち去る。おとわは裁松と別れてから、老衰し、無慈悲な養子新右衛門の後妻お力のために虐待され、孫新三郞が祖母を守ろうとするそのけなげな姿を、親戚のお静があわれみ、新三郞を養子にむかえ、ゆくゆくはお小夜と結婚させたいと申し込む。お静の家では、江戸に遊学していたお静の兄の子雪丸が帰っていて、もう学問はつまらない、これから中国大陸へ出かける、と語り、お静の説諭もきかず、いきおいよく家を飛び出す。雪丸が希望どおり中国にわたるとき、お静は雪丸に同情し、老僕を横浜に送り、固辞する雪丸に旅費として300円を贈る。雪丸が埠頭に出ると、若い女が駆けつけ、別れを惜しみ、雪丸は彼女にかねを与え、そっけなく袖を振り払って出発する。おとわは新三郞とともにお静のもとに引き取られ、病死し、新三郞は父の家に引き戻されるが、邪魔者扱いされ、江戸の商家へ奉公にだされる。金仙寺の栽松が話していた玉之助は、小坊主玉山となって、海音禅師に仕えていたが、絵は天才的である。玉山がたびたび使いに行く筆屋の主人正太郎は25歳、両親に死別して以来、丁稚とふたりで商売に励んでいた。近所の世話好きな老婆がしきりに結婚を勧めるので、迷った末にその婆の姪おはつと結婚した後、おはつが新入りの弟子と恋仲であったことなどが判明し、別れた。玉山はそのことを知り、諷した「ゑしやじやうりの図」を金仙寺の壁に落書きする。新三郞は江戸に出て、阪本屋に奉公する。その主人喜蔵は先代のとき番頭から出世したなかなかのしっかり者だが、田舎者の新三郞は何事にも慣れず、辛い思いをしつつ日を過ごす。先代の喜蔵は、番頭喜蔵を娘おこのの夫にと遺言して死亡したが、美しいおこのは早くから美男の手代栄吉と恋仲で、母と一緒になって喜蔵を追い出すが、栄吉は商売にうとく、家運もかたむき、江戸にいられず、姉お須磨・弟栄太郎を連れて栄吉の故郷浦和へ引っ込むが、ますます困窮し、栄吉は病死し、お須磨は家のためやむなく酌婦になり、おこのは勇造に横恋慕され脅され、自殺未遂するが、栄太郎がたまたま姉お須磨を千住に訪ねたとき、路上で義賊蠣崎十郎にすくわれ、十郎の言うまま江戸へ出て、阪本屋喜蔵(前の番頭で旧主ののれんを継いでいたもの)の家に忍び込む。十郎は大金を盗み、そのかねで栄太郎および姉お須磨をすくうことにしたとき、悪事が露見し、栄太郎が捕まる。お須磨は酌婦業から十郎によってすくわれ、ひさしぶりの一家団欒のとき、十郎が来て母子に150円をわたし、東京へ出るように勧めて姿をくらます。十郎は栄吉の兄弟分であった。栄太郎は喜蔵の努力で釈放され、おこのは、喜蔵が栄太郎と知って故意に訴えたものと誤解し、そのまま別れる。(未完), 普通文章論(1908年10月、博文館) - 「文章は楽しく書くべきである」など初学者向けの文章指南。, 『近代作家 追悼文集成31 三宅雪嶺・武田麟太郎・織田作之助・幸田露伴・横光利一』, 関谷博 『幸田露伴の非戦思想 人権・国家・文明 -〈少年文学〉を中心に』 平凡社、2012年.

Twitter いいね 問題が発生 しま した, エヴァ 映画 公開日, エヴァ アプリ 攻略, ケイン コスギ 英語, どんぐりさん ドラマ, 緻密な人 英語, ジャニーズ 悪い噂, インフルエンザ 無症状 感染, 伊藤くん A To E 小説, 怠慢 類義語, 啄木鳥探偵處 4話, 動物 先生 イラスト, 対義語 一覧, ビビン冷麺 カロリー, やじろべえ 紙, Feedback 可算名詞, 善逸 日輪刀, 美食探偵 ココ 誰, シン エヴァンゲリオン劇場版𝄇, ジャニーズJr ダンス上手い, 渡る世間は鬼ばかり 2020 放送 予定, 日の出 町 観光 マップ,

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。