GAME

蒼龍 艦橋

1923年(大正12年)8月、ワシントン海軍軍縮条約により天城型巡洋戦艦2隻(天城、赤城)を空母に改造することになり、割り当て排水量の関係から翔鶴(2代目)の建造は中止された[38]。

3月10日、飛行甲板に装甲を施した新鋭空母の大鳳が第一航空戦隊に編入された[301][注 14]。4月15日、小沢中将は大鳳に移動し将旗を掲げた[303]。なお、4月11日にかつて第五航空戦隊に所属した駆逐艦秋雲がアメリカの潜水艦レッドフィン (USS Redfin, SS-272)の雷撃で撃沈されている。アメリカ軍潜水艦の行動により日本艦隊の駆逐艦は次々に撃沈され、またビアク島の戦いを巡る渾作戦でも消耗を重ねた。, 6月、アメリカ軍のサイパン島襲来に伴い日米両軍の間でマリアナ沖海戦が生起する。翔鶴の航空戦力は零式艦上戦闘機34、天山艦上攻撃機12(3機は偵察機)、彗星艦上爆撃機18、二式艦上偵察機10、九九式艦上爆撃機3、計77機だったという[304]。小沢機動部隊(直率隊)が抱える問題の一つに、大型空母3隻(大鳳、翔鶴、瑞鶴)と巡洋艦3隻(第五戦隊〈羽黒、妙高〉、第十戦隊〈矢矧〉)に対し、護衛駆逐艦の数が少なすぎることだった[305]。わずか7隻(第10駆逐隊〈朝雲〉、第17駆逐隊《磯風、浦風〉、第61駆逐隊〈初月、秋月[306]、若月〉、秋月型〈霜月〉)である。 3月20日、翔鶴は空母龍鳳(12月中旬、被雷。修理完了)および駆逐艦4隻(浜風、漣、響、波風)と共に内海西部へ回航される[281]。3月25日、前年の珊瑚海海戦における南洋部隊機動部隊の戦果に感状が贈られた[173]。, 6月30日、アメリカ軍はニュージョージア諸島に来襲してニュージョージア島の戦いが始まった。 また6月20日の空襲で小沢機動部隊は空母飛鷹とタンカー2隻を喪失、他艦(瑞鶴、隼鷹、千歳、千代田、榛名、摩耶)等も損傷した[325]。空母3隻(翔鶴、大鳳、飛鷹)の喪失により、日本の空母戦力は機動部隊として艦隊運用できる隻数・搭載機・乗員の確保が困難となり、事実上、空母機動部隊として作戦運用できる能力を失った[325]。翔鶴生存者は救助艦から姉妹艦瑞鶴と重巡摩耶等に移乗し、日本本土へ向かった[326]。, 1945年(昭和20年)8月31日、戦艦4隻(山城、武藏、扶桑、大和)、空母4隻(翔鶴、信濃、瑞鶴、大鳳)は帝国軍艦籍から除籍された[327]。, 翔鶴艦爆整備兵西村敏勝海軍一等兵曹は「たえず変針する三〇ノット以上の全力航行での振動の凄まじさは、爆弾の直撃以上」と記述している。, 第一水雷戦隊の第21駆逐隊(初春、子日、若葉、初霜)、第27駆逐隊(時雨、白露、有明、夕暮), 3月28日、大鳳は駆逐艦2隻(初月、若月)に護衛されて内地を出撃、シンガポールにむかった, 戦史叢書第83巻 南東方面海軍作戦<2>ガ島撤収まで、229ページ、日本空母戦史、360-361ページ, 昭和15年5月21日(発令5月20日付)海軍辞令公報(部内限)第481号 p.38, 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.31, 昭和17年11月24日(発令11月21日付)海軍辞令公報(部内限)第994号 pp.9-10, 昭和18年8月16日(発令8月15日付)海軍辞令公報(部内限)第1191号 p.16, 昭和15年10月15日(発令10月15日付)海軍辞令公報(部内限)第543号 p.29, 昭和15年11月15日(発令11月15日付)海軍辞令公報(部内限)第555号 p.1, 昭和16年4月17日(発令4月17日付)海軍辞令公報(部内限)第622号 p.27, 昭和16年8月25日(発令8月25日付)海軍辞令公報(部内限)第699号 p.25, 昭和17年10月27日(発令10月26日付)海軍辞令公報(部内限)第972号 pp.29-30, 昭和18年2月25日(発令2月25日付)海軍辞令公報(部内限)第1059号 p.15, 昭和17年5月25日(発令5月25日付)海軍辞令公報(部内限)第866号 p.36, 昭和17年7月14日(発令7月14日付)海軍辞令公報(部内限)第899号 pp.1-2, 昭和17年7月14日(発令7月14日付)海軍辞令公報(部内限)第899号 p.50, 昭和17年11月11日(発令11月11日付)海軍辞令公報(部内限)第985号 p.47, 昭和18年2月16日(発令2月16日付)海軍辞令公報(部内限)第1054号 p.45, 昭和18年2月15日(発令2月12日付)海軍辞令公報(部内限)第1053号 p.27, 昭和18年11月18日(発令11月17日付)海軍辞令公報(部内限)第1264号 p.16, 昭和19年3月1日(発令3月1日付)海軍辞令公報(部内限)第1352号 pp.39-41, 昭和19年6月30日(発令6月26日付)海軍辞令公報甲(部内限)第1522号 p.26, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=翔鶴_(空母)&oldid=79950277, 12m内火艇3隻、12m内火ランチ3隻、8m内火ランチ1隻、9m救助挺2隻、6m通船1隻、13m特型運貨船2隻, 「信頼の絆」<航空母艦瑞鶴艦長・野元為輝少将の証言>(第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦時、瑞鶴艦長), 乱戦の中 <駆逐艦「初月」艦長・田口正一兄大佐の証言>(マリアナ沖海戦時、駆逐艦「, (243-274頁)「指揮官陣頭、信念に殉ず ― 第二十六航空戦隊司令官有馬正文の決意」, 源田實『奇蹟の成功・真珠湾攻撃』/淵田美津雄『真珠湾上空一時間』/小瀬本国雄(蒼龍艦爆隊)『ハーミスを撃沈せり-インド洋作戦』/江間保(瑞鶴艦爆分隊長)『九九艦爆戦記-珊瑚海海戦』/長井純隆(第三艦隊作戦参謀)『南太平洋海戦の勝利』/千早正隆(元海軍中佐)『戦果ゼロ・マリアナ沖海戦』. 一連のラバウル攻略作戦支援を終えると、今度は基地航空部隊の同地進出を支援する[101]。随伴艦から筑摩、陽炎が外れ秋雲を加えたのち、ラバウル進出予定の第24航空戦隊所属九六式艦上戦闘機16機の空輸を命じられた[101]。九六艦戦をトラック泊地からラバウルまで直接空輸することは難しかった為にとられた措置である[101]。五航戦(翔鶴、瑞鶴)はトラック泊地より飛来した九六艦戦16機(各艦8)を収容する[101]。天候不良のため目的地をカビエンに変更したが、空輸作戦は成功した[102]。 1939年(昭和14年)5月16日、翔鶴(シヤウカク)と命名[22]。同日附で艦艇類別等級表に登録[51]。 ・「鳳翔」基準排水量7470トン、艦載機15(6)。355トン/機。 ・「赤城」基準排水量3万6500トン、艦載機66(25)。401トン/機。 艦上攻撃機隊48機が宇佐基地、艦上爆撃機隊54機が大分基地、艦上戦闘機隊36機は佐世保海軍航空隊の大村飛行場を基地として[87]、離着艦訓練や錦江湾、志布志湾、佐伯湾での訓練を行い、11月16日佐世保基地にいた加賀以外の第一航空艦隊(南雲機動部隊)空母5隻は佐伯湾にて艦載機部隊を各陸上基地から離陸させて着艦収容した。, その時の佐伯湾にはハワイ作戦に参加するほとんどの24隻の艦船が集まっており、翌17日午後に山本五十六連合艦隊司令長官の視察を受けた。各艦船は機動部隊としての行動をごまかすため、11月18日時間をずらしてバラバラに佐伯湾を離れ、第五航空戦隊は豊後水道を他艦とは逆に北上して別府湾で停止した。 11月19日、2隻(加賀、赤城)の空母改造が正式に通達された[40]。同日附で翔鶴(2代目)の建造中止が正式に発表され[41]、2隻(加賀、赤城)と入れ替わる形で除籍された[42]。, マル3計画で建造された翔鶴型航空母艦1番艦翔鶴(本艦)は空母としては2代目、『翔鶴』の艦名を持つ軍艦としては3代目となった。, 翔鶴型航空母艦と大和型戦艦はマル三計画において同時に計画・建造されており、技術的にも類似点が多い[43]。翔鶴は球状艦首(バルバス・バウ)を採用した日本海軍の軍艦の中では最初に竣工した艦であり(起工は大和が最初)、最大速力約34ノットの高速性を得た[43][44]。機関出力は16万馬力で、大和型戦艦をも上回る(翔鶴型は罐を8基搭載。大和型は罐を12基搭載)[43]。防御能力についても、機関部や弾薬庫などの艦主要部は巡洋艦の砲撃に十分耐えられるよう装甲が施され、炸薬量450kg の魚雷にも耐えうる水雷防御が施されるなど充実した性能を持つ。しかし、英空母や次級の大鳳型航空母艦のように飛行甲板の装甲は有しておらず、500kg爆弾が命中すると航空機の運用ができなくなる。また、ダメージコントロールは、ミッドウェー海戦での4空母損失の教訓から、可燃物の撤去や可燃性の塗料などを使用しないなどの運用上の工夫が行われていた。, 翔鶴型は当初設計において艦橋を左舷中央に配置する予定であった[45]。左舷中央配置は空母赤城・飛龍で採用されたが用兵側から不具合が指摘されている[45]。飛龍型の場合は、建造開始後に赤城型左舷中央配置艦橋の問題が判明したものの、建造が進んでいたため、左舷中央配置艦橋のまま配置された[45]。だが、翔鶴型はこの問題が浮上したのが起工後ではあるが進水前段階であったため、右舷前方配置艦橋への設計変更が可能であった[45]。悪天候時の艦の動揺という点では従来空母(赤城、加賀、蒼龍、飛龍)に比べてやや難があったが[46]、航続力については申し分ないと評価されている[47]。飛行甲板の面積は加賀とほぼ同等(翔鶴型242m×29m、加賀249×30.5m)、だが同時期のエセックス級航空母艦(翔鶴型とほぼ同排水量)の飛行甲板面積より小さい[44]。, 翔鶴と瑞鶴は識別が困難(搭乗員でさえ着艦を間違えた)であるが、艦橋直後のメインマストの中途に拡声器(スピーカー)を備えているのが瑞鶴である。ただし、真珠湾攻撃時には双方ともメインマストの中途にスピーカーを備えており、昭和17年末には瑞鶴がこのスピーカーを艦橋左壁に移設しているため、艦橋直後のメインマストのスピーカーの有無を両艦の識別点にできるのは、ごく短期間のことである。尚、飛行甲板前部上に対空識別記号として、カタカナで翔鶴は“シ”、瑞鶴は“ス”と記載されていた。, 1937年(昭和12年)に発表された第三次艦船補充計画(通称マル3計画)によって、大和型戦艦や陽炎型駆逐艦と共に翔鶴は計画され、同年12月12日に横須賀工廠にて建造が始まった[48][49]。同計画1号艦が(大和)、2号艦(武蔵)、3号艦(翔鶴)、4号艦(瑞鶴)、5号艦が水上機母艦 (甲標的母艦)日進である。長門型戦艦2番艦陸奥と同じガントリー船台での建造だった[50]。 艦橋構造、煙突配置、対空機銃の装備数などは「蒼龍」に準じたものの、対空機銃の配置は特にシステム化されておらず、各艦の空所に二基、三基、四基、五基を単位として配置されているに過ぎず、高角砲配置とともに、やや不均衡な配置となっている。 内地での練成により、消耗した翔鶴航空隊も定数を満たした。 ・「翔鶴」「瑞鶴」基準排水量2万5675トン、艦載機72(12)。305トン/機。 ・「雲龍」基準排水量1万7150トン、艦載機57(8)。263トン/機。 4月19日、補給を終えた五航戦は第27駆逐隊とともに馬公を出港して北上する[124]。だが、同日中に元の部署への復帰命令があったためトラックへと向かい、4月25日に到着した[121]。そして第五航空戦隊、第五戦隊、第7駆逐隊、第27駆逐隊、油槽船東邦丸で『MO機動部隊』が編成された[121]。編成時の第五航空戦隊(翔鶴、瑞鶴)の搭載機は、翔鶴計54機(艦戦17、艦爆21、艦攻16)・瑞鶴計63機(艦戦20、艦爆22、艦攻21)、2隻で計117機であった[121]。4月中旬には暗号解読により日本軍の作戦を察知していたアメリカ軍は、ポートモレスビー周辺に戦力を集中する[125][126]。そして空母2隻(レキシントン、ヨークタウン)を基幹とする第17任務部隊(司令官フランク・J・フレッチャー少将:空母2、重巡7、軽巡1、駆逐艦13、水上機母艦1、油槽船2)を迎撃に向かわせた[127]。エンタープライズ、ホーネットは東京空襲を実行したため真珠湾で補給を行う必要があり、海戦が長引いた場合には珊瑚海へ投入されることになった[128]。, 5月1日、MO機動部隊はトラックを出撃した[129]。ラバウルへ零戦9機を輸送するため南下したが悪天候に見舞われ、5月3日には翔鶴の零戦1機が海中に転落した[130]。5月7日朝、翔鶴の索敵機はアメリカの油槽艦ネオショー(USS Neosho, AO–23)を米空母と誤認して報告[131]。日本軍攻撃隊78機(瑞鶴37機《艦戦9・艦爆17・艦攻11》、翔鶴41機《艦戦9・艦爆19・艦攻13》)はネオショーと護衛駆逐艦シムス(USS Sims, DD-409)を撃沈したが、周辺の敵機動部隊を捜索したため数時間を費やした[131]。また瑞鶴艦爆1機が撃墜された[131]。この間にMO攻略部隊主隊(青葉、加古、衣笠、古鷹、祥鳳、漣)がアメリカ軍機動部隊の空襲を受け、祥鳳沈没という損害を出した[132]。翔鶴索敵機の偵察員は補欠予備員で、正規偵察員は腹痛のため出撃できなかったという[133]。2機の翔鶴索敵機は帰投の際に機位を失って母艦に戻れずインディスペンサブル礁に不時着、翌日になり機動部隊より派遣された有明に救助された[131]。, ネオショーへの攻撃を終えた飛行隊を収容したのち、MO機動部隊は『本当の米軍機動部隊の位置』に向けて西進を開始、五航戦司令官原忠一少将は薄暮攻撃を企図する[134]。技量優秀者を選抜[134]。攻撃隊27機(翔鶴12機《艦爆6・艦攻6》、瑞鶴15機《艦爆6・艦攻9》)を出撃させたが、米艦のレーダーに捉えられた[135]。これに誘導された戦闘機F4Fワイルドキャットに襲撃されて艦攻隊は大損害(翔鶴艦攻3、瑞鶴艦攻5)を受けた[136]。翔鶴艦攻のうち1機(萩原努大尉機)は翔鶴附近まで帰還していたが、最終的に行方不明となっている[137]。また艦爆隊は爆弾を捨てて帰投中に、米空母に着艦しかけるアクシデントもあった[138]。この時、対空砲火で瑞鶴艦爆1機を喪失[139]。帰投した攻撃隊は17機(翔鶴8機《艦攻2・艦爆6》、瑞鶴9機《艦攻4・艦爆5》)であった[136]。翔鶴搭乗員戦死者は9名であり[140]、5月7日は翔鶴にとって不運の日となった[141]。, 5月8日の珊瑚海海戦は、ほぼ互角の戦力をもつ日米機動部隊の正面対決となった[142][143]。朝、MO攻略部隊より第六戦隊第2小隊(衣笠、古鷹)が合流[144]。空母2隻(瑞鶴、翔鶴)、重巡4隻(妙高、羽黒、衣笠、古鷹)、駆逐艦5隻(潮、曙、時雨、白露、夕暮)でアメリカ軍機動部隊との決戦に臨んだ。 11月26日、3隻(翔鶴、島風、玉波)はトラックへ向け出撃する[288][289]。空母千歳と駆逐艦2隻(秋月、谷風)と合流後、翔鶴隊は12月1日トラック泊地へ到着した[290]。 翔鶴型空母2番艦瑞鶴との作戦行動時には翔鶴が損害を受けることが多かった[26][27]。真珠湾攻撃、セイロン沖海戦、珊瑚海海戦、第二次ソロモン海戦、南太平洋海戦、ろ号作戦等に参加するなど日本海軍機動部隊の主力空母として活躍した。1944年のマリアナ沖海戦でアメリカ潜水艦の雷撃で撃沈された[28]。, 翔鶴(2代目)は初期の航空母艦で、1921年(大正10年)2月17日に命名された[30]。3月3日に航空母艦として類別[31]。

将来の夢を見つける 英語, 鬼滅の刃 真菰 錆兎, 伊藤健太郎 Cm ミルクティー, Twitterトレンド 違う, 特例 類語, 千葉 通信障害, タミフル インタビューフォーム, アカゲラ 季節, 内閣 組織図 大臣, 美食探偵 マリア役, ジゼル ブンチェン パニック, NTT 西日本 障害 8 月 29 日, 啄木鳥探偵處 加世, 2009年新型インフル 最初の発表はアメリカと どこ, Twitter 落ちる 意味, スマホ バグ 勝手に動く, 森七菜 カレンダー Tsutaya, マテバシイ スダジイ, 鬼滅の刃 18巻 感想, 下町ロケット 2015, Twitter凍結解除 できない, ピンポン 海外の反応, 人数の町 予告, フィードバック メール, 通勤電車 英語, 錆兎 真菰 カップル, 赤西仁 錦戸亮 Youtube, 抽象的とは 簡単に, ファイナルカットプロ 値段, 丁寧 言い換え ビジネス, 中村蒼 似てる 女優, インフルエンザ 濾胞 感度/特異度, アベマキ 花, ケンジトシ 大阪, 小阪 ちひろ, 平常 対義語, インフルエンザ検査キット 精度, Twitter メッセージ, グラブル ハイボルテージ ランバージャック, Twitter 異議申し立て 日本語にできない, Twitter障害 公式, 関ジャニ∞ 妄想 玩具, ヱヴァンゲリヲン新劇場版 Q Dvd, シェイン グリムノーツ, 休日課長 うまい, くまのプーさん あらすじ, どんぐり虫 害, 新世紀エヴァンゲリオン 無料, Dアニメ 不具合, 北斗の拳 パチンコ 歴代 人気, 映画 妖怪ウォッチ Forever Friends, 原因を探る 英語, 赤ちゃん 誤飲 わからない, 土曜プレミアム 世にも 奇妙な物語 '19秋の特別編, ブナ 種子販売, 遺留捜査5 #9スペシャル, Twitter 通知設定 できない, 椎の木 特徴, 大倉忠義 ブログもっちー, 必要事項 意味, 萬 常用 漢字, 鬼 滅 の刃 一 番くじ無限列車編, 探す 英語, 炭治郎 善逸 伊之助 禰豆子, ドイツ 人口 2020, 閑散 対義語,

掲載作品については記事公開時の情報です、配信期間終了している場合があります。